google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆院議員 逢沢一郎君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿


(以下、Wikipediaより引用)

逢沢 一郎(あいさわ いちろう、1954年6月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(12期)。

自民党国会対策委員長(第51代)、自民党総裁特別補佐、自民党幹事長代理、衆議院議院運営委員長(第67・76代)、衆議院予算委員長等を歴任。

松下政経塾出身者では初の国会議員であり、また初めて政務次官に就任した人物である

祖父の逢沢寛、父の逢沢英雄も衆議院議員を務めた。


経歴

岡山県御津郡御津町(現岡山市北区)生まれ。岡山大学教育学部附属中学校、慶應義塾志木高等学校、慶應義塾大学工学部(現・理工学部)管理工学科を卒業。

1980年、松下幸之助が設立した松下政経塾に入塾(第1期生)。1985年卒塾[3]。

1986年、第38回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で旧岡山1区から出馬し、初当選。以後、11期連続当選。(当選同期に石破茂、武部勤、村上誠一郎、渡海紀三朗、金子一義、三原朝彦、中山成彬、中山太郎、前田武志など)

1992年、宮澤改造内閣で通商産業政務次官に任命され、松下政経塾出身者の中で初めて政務次官に就任した[1][リンク切れ]。

小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では岡山1区から自民党公認(新党さきがけ推薦)で立候補し、新進党現職の元郵政大臣・日笠勝之を破り4選。1997年、衆議院外務委員長に就任[4]。

2003年、第1次小泉再改造内閣で外務副大臣に任命され、第3次小泉内閣まで務める。

外務副大臣在職中に第43回・第44回の2度の衆議院議員総選挙が行われたが、いずれも岡山1区で菅源太郎(菅直人民主党衆議院議員の長男)を破り当選。

2005年に自民党幹事長代理に就任。

2006年、安倍内閣発足に伴い衆議院議院運営委員長に就任。

2007年には衆議院予算委員長に就任した[4]。

2009年の第45回衆議院議員総選挙では、岡山1区で民主党の高井崇志の猛追を受けるが、高井を4077票差で破り、8選(高井も重複立候補していた比例中国ブロックで復活。これは岡山1区で次点以下の候補者が初めて当選した例である[5])。

2010年9月、自民党国会対策委員長に就任。

2011年9月に国対委員長を退任し、自民党総裁特別補佐に就任[4]。

2012年9月に谷垣禎一の自民党総裁退任に伴い、自民党総裁特別補佐を退任。同年10月に宏池会を脱退し[6]、谷垣による勉強会「有隣会」に参加[7]。

2013年10月15日、2度目の衆議院議院運営委員長に就任。

2014年、第47回衆議院議員総選挙で10選。選挙後、衆議院国家基本政策委員長に就任。

2015年、自由民主党一億総活躍推進本部長に就任。

2017年、第48回衆議院議員総選挙で11選。

2021年、第49回衆議院議員総選挙で12選。


政 策

例外的に夫婦の別姓を実現させる会に賛同していたが、2014年のアンケートでは、選択的夫婦別姓制度導入に反対、としている。

民主党の民法改正案に対しては、「選択的夫婦別姓制度を盛り込んだ民法改正反対に関する請願」を提出して反対した。

女性宮家に反。

原発ゼロ政策に反対。


政治資金問題

逢沢が代表を務める同党支部が、2007年までの8年間に、当時の岡山市長や市幹部らが役員を務める同市出資の第三セクターから、7回にわたり計84万円の政治献金を受けていた。資金・人材の両面で自治体と深く結びついた三セクから特定の政党支部への献金は問題がある、との識者の指摘を朝日新聞が報道している。日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券の購入等により資金提供を受けていると報じられた。


所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟

時代に適した風営法を求める議員連盟(パチンコ議連)

北京オリンピックを支援する議員の会(副幹事長)

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

日本会議国会議員懇談会

神道政治連盟国会議員懇談会

親学推進議員連盟

例外的に夫婦の別姓を実現させる会

ボーイスカウト振興国会議員連盟(会長)

日本の印章制度・文化を守る議員連盟(顧問)[20]

実践倫理宏正会

崇教真光


以上です。コメント・評価お願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page