google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 阿部弘樹君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウィキペディア引用)

阿部 弘樹(あべ ひろき、1961年(昭和36年)12月15日 - )は、日本の政治家、精神科医、神職。日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。津屋崎町長(1期)、福岡県議会議員(3期)を務めた。

来歴

津屋崎町(現・福津市)の神職の家に生まれる。神社の庭掃除の傍ら病気回復を願う多くの高齢者を間近にし、自身も体が弱く医師を志した。熊本大学医学部を卒業しウィーン大学研究所留学を経て熊本大学大学院医学研究科修了。熊本県庁、粕屋保健所、旧厚生省精神保健福祉課などで勤務し38歳の若さで地元の町長に転身[2][3]。


2005年に津屋崎町が福間町と合併し、福津市が発足すると、同年の市長選挙に立候補するが、落選。同年4月より河野正美が理事長を務める河野病院の副院長に就任し、2007年11月より院長を務めた[4]。2009年2月の福岡県議会議員補欠選挙に立候補し、当選。2011年の県議選では自由民主党公認で立候補し、民主党が擁立した越本隆志を破り再選。2015年の県議選では無投票で再選。2019年の県議選でも自民党公認で立候補したが、党市支部が新人の元市消防団長、吉田浩一を推薦する保守分裂選挙となり、吉田に敗れ落選[5][6]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では福岡4区から日本維新の会公認で立候補し、小選挙区では自民党の宮内秀樹に敗れるも、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、初当選[7]。



コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page