google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 門山宏哲君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

門山 宏哲(かどやま ひろあき、1964年9月3日 - )は、日本の政治家、弁護士。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、元法務大臣政務官。

経歴

山口県生まれ、幼少期から千葉県千葉市で育つ。現在は同市中央区登戸2丁目に在住[2]。千葉県立千葉高等学校卒業、中央大学法学部を卒業[3]。大学卒業後、司法試験を受験し、1990年に合格[3]。司法修習第45期を修了し、弁護士登録。その後2001年に門山綜合法律事務所を主宰し、千葉市障害者専門相談事業専任相談員や千葉青年会議所理事長を務める[3]。


2012年(平成24年)、自由民主党千葉県連の候補者公募に応募[4]。第46回衆議院議員総選挙で千葉1区に自民党から出馬し、民主党の田嶋要に敗れたが、比例南関東ブロックで復活して初当選[5]。


2014年の第47回衆議院議員総選挙で千葉1区に自民党から出馬し、再び田嶋に敗れたが、比例復活で再選[6]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では2度敗れた田嶋との接戦の末、初勝利を挙げて小選挙区初当選を果たした(田嶋は比例復活)。


2018年の 第4次安倍改造内閣で法務政務官に就任[7]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙では田嶋に再び敗れたものの比例復活により4選。


政策・主張

憲法問題

憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[8][9]。

憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[10]。

集団的自衛権の行使に賛成[11]。

ジェンダー問題

選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[8]。2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[9]。2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[10]。

同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[10]。

「LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらとも言えない」と回答[9]。

クオータ制の導入について、2021年のアンケートでは回答しなかった[10]。

その他

アベノミクスを評価する[11]。

軽減税率を導入すべき[11]。

原発は日本に必要[11]。

河野談話を見直すべきだ[11]。

ヘイトスピーチを法律で規制することに反対[11]。

カジノ解禁に賛成[11]。

「道徳」を小中学校の授業で教え、子供を評価することに賛成[11]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[12]

日本会議国会議員懇談会[13]

神道政治連盟国会議員懇談会[13]

ボーイスカウト振興国会議員連盟 [14]


コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page