google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 長谷川淳二君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

長谷川 淳二(はせがわ じゅんじ、1968年(昭和43年)8月5日 - )は、日本の政治家、元自治・総務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。


来歴

岐阜県の茶生産農家に生まれる。東京大学法学部卒業後、1991年4月、旧自治省(現・総務省)に入省。総務省財政課財政企画官などを経て、2008年に愛媛県に出向。県総務部長を経て2012年から3年間愛媛県副知事を務めた。2015年に総務省に復帰し、2018年の西日本豪雨災害では宇和島市に現場入りし、災害対応を指揮した[2]。


2019年9月、自由民主党の山本公一元環境大臣が次期衆院選に立候補せず、政界を引退する意向を示す[3]と、自民党は山本の後継となる愛媛4区公認候補を選ぶ公募を行い、12月20日には4区内の全21地域支部から他薦された長谷川の擁立方針を決めた。県連会長の山本順三は選考理由について「地元出身者ではないことは大きなネックだが、県内の状況を熟知していて適任。西日本豪雨災害への対応でも、先頭に立って被災者の生活支援のために尽力していただいたことも要因の一つ」と述べた[4]。長谷川は12月25日付で総務省を辞職、翌26日に住所を横浜市から宇和島市に移し、自民県連から受けていた立候補要請の受諾を表明した[5]。2020年1月8日、立候補を正式表明[6]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では、自民党の公募で長谷川に敗れ無所属で立候補した桜内文城元衆議院議員らを破り初当選した[7][8]。



コメントお願いします。

0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page