google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 鈴木貴子君の通信簿

右をクリックして衆議院議員を評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

鈴木 貴子(すずき たかこ、1986年(昭和61年)1月5日[3] - )は、日本の政治家。衆議院議員(4期)


自由民主党副幹事長、防衛大臣政務官を歴任、外務副大臣。


父は、北海道開発庁長官や内閣官房副長官を務めた参議院議員で新党大地代表の鈴木宗男。



来歴

北海道帯広市生まれ[4]。母方の祖父母が広島県広島市出身の被爆者で被爆3世[5]。3人兄妹の末っ子で兄が2人いる。北海道教育大学附属釧路小学校、港区立青山中学校、カナダ・ブリティッシュコロンビア州ロックリッジ高等学校(英語版)、カナダ・オンタリオ州のトレント大学を卒業[6]。2009年、日本放送協会(NHK)に入局。長野放送局でディレクターを務めた[7]。


第46回衆議院議員総選挙

2012年の第46回衆議院議員総選挙に、公民権停止中のため立候補できない父・鈴木宗男に代わり、NHKを退職して北海道7区から新党大地公認で出馬したが、自由民主党前職の伊東良孝に敗れ、重複立候補していた比例北海道ブロックでの復活も出来ず、落選した[8]。2013年5月21日、比例北海道ブロック選出の石川知裕が衆議院議員を辞職[9]。同年5月31日、中央選挙管理会が比例北海道ブロック次点の鈴木貴子の繰り上げ当選を決定し[10][11]、6月3日に告示された[12]。この繰上当選により、自由民主党の今枝宗一郎に代り、この時点での最年少衆議院議員となった。


第47回衆議院議員総選挙

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、民主党に入党し、同党公認で北海道7区から出馬。自民党前職の伊東良孝を猛追し、225票差で敗れたが、重複立候補していた比例北海道ブロックで復活し、再選[13]。当選後、自誓会に入会[14]。2015年1月の民主党代表選挙では、元幹事長の細野豪志の推薦人に名を連ねた[15] が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[16]。


2016年2月26日、4月に実施される北海道第5区の補欠選挙において日本共産党と共同歩調を取る民主党の対応を「国家観が全く異なる。今のままでは地元有権者との約束を果たせない」と批判、民主党に離党届を提出するも[17]、党は受理せず、同年3月1日に除籍処分を受けた[18]。民主党幹事長の枝野幸男は、比例代表での当選は民主党の党名を書いた有権者の議席だから議員辞職せよ、との旨を伝えたが、拒否された、と述べている[19]。同年9月26日、松本剛明とともに自由民主党の衆議院院内会派に参加[20]。


2016年10月、同じ小学校に通っていたカメラマンの男性(カメラマンになる前は陸上自衛隊普通科連隊所属のレンジャー隊員)と結婚[21]。その後2017年7月12日にブログにて妊娠を発表[22][23]。9月8日に第一子となる女児を出産した[24]。


第48回衆議院議員総選挙

2017年9月28日、自由民主党に入党届を提出[25]。10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙では同党から比例北海道ブロックに重複立候補者よりも上位の単独2位で出馬した[26]。なお、鈴木宗男は同年4月に公民権が回復したため同じ比例北海道ブロックに新党大地より名簿順位1位で出馬している。


その結果、貴子は当選したが父の宗男は落選。父娘で明暗が分かれる結果となった。


党内派閥では父の宗男の古巣である平成研究会に入会。


2018年10月、第4次安倍改造内閣にて防衛大臣政務官に就任。父の宗男も内閣での初の役職が宇野内閣の防衛政務次官であった。


2019年9月、防衛大臣政務官を退任し、自由民主党副幹事長に就任。


2021年10月、第1次岸田内閣にて外務副大臣に就任[27]。


第49回衆議院議員総選挙

2021年10月31日投開票の第49回衆議院議員総選挙では北海道7区からの立候補の意向を示していたが、これまで同区から立候補していた伊東良孝との調整の結果、前回同様に比例単独での出馬となった[28]。名簿順位は渡辺孝一と入れ替わる形で1位となり、当選した。


鈴木貴子外務副大臣 林外相と駐日ウクライナ大使との面会をめぐる疑惑を否定 報道削除求める 2022年3月4日 12:10 引用:鈴木貴子外務副大臣 林外相と駐日ウクライナ大使との面会をめぐる疑惑を否定 報道削除求める (2022年3月4日) - エキサイトニュース (excite.co.jp)

拡大する(全1枚)  鈴木貴子外務副大臣(36)が4日までに自身のツイッターを更新。ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使が林芳正外相に面会を求めていたのに、1か月にわたり実現しなかった件について、自身に向けられた疑惑を否定した。  コルスンスキー氏は3日、ツイッターに「林さんの反応はとても速かった。会いたくなかったのは副大臣の鈴木さん」と投稿。一部で報じられた。 これに鈴木氏は「私のもとには、大使館から面会依頼書は届いておらぬことを含め、外務省より大使に事実関係を伝達しました。その結果が、〝大使と会いたがっていなかったのは鈴木である〟旨の投稿の削除であると認識致しております。外務省として在京大と意思疎通よく連携してまいります」と説明。大使側が誤解を認め、ツイートを削除したとの認識を示した。  続けて、報道に対し、「すでに事実無根である旨を大使にもお伝えし、大使も当該ツイートの削除をされておられます。この局面における、不確実な情報はだれの得になるのでしょうか…何卒よろしくお願い致します」と記事の削除を求めた。


政策・主張

アベノミクスを評価する[29]。

消費増税の先送りを評価する[29]。

安全保障関連法の成立を評価する[29]。

北朝鮮問題への取り組みを評価する[29]。

森友学園・加計学園問題への対応をどちらかと言えば評価する[29]。

選択的夫婦別姓制度について賛成[29]。「『選択的』というのが重要です。反対や否定的な意見の中には家族の形が変わる、崩れると言われますが、姓が一緒でも問題にぶつかったり、課題を抱えるケースもあります」と述べる[30]。一方、2014年の朝日新聞の調査では、同制度の賛否について「どちらともいえない」と回答している[31]。

消費税10%に賛成。増える税収の使いみちとして、幼児教育の無償化や高等教育の負担軽減を挙げる[29]。

憲法改正に賛成。改正すべき項目として、戦争放棄と自衛隊・環境権を挙げる[29]。

新党大地に属していた2012年当時の政策アンケートでは以下のように回答した。

日本国憲法の改正に賛成[32]。

集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに反対[32]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[32]。

日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加に反対[32]。

女性宮家の創設に反対[32]。

「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[33]。

所属団体・議員連盟

パチンコチェーンストア協会(政治分野アドバイザー[34])

袴田巌死刑囚救援議員連盟 - 事務局長[35][36]。

アイヌ政策を推進する議員の会(アイヌ議連) - 事務局次長[37]

国際観光産業振興議員連盟(IR議連)

日本エストニア友好議員連盟[38]

日本の未来を考える勉強会[39]


コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page