google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 西野太亮君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用

西野 太亮(にしの だいすけ、1978年(昭和53年)9月22日 - )は、日本の政治家、元大蔵・財務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。


来歴

熊本県立熊本高等学校卒業。一浪後、東京大学文科一類(教養学部)へ入学。東大では水泳部に所属。東京大学法学部卒業。2003年、財務省入省(理財局財政投融資総括課)。第2の予算と言われる財政投融資計画の策定に携わる。2014年7月 主計局国土交通係主査。住宅局や都市局、下水道部等の予算を担当。2015年6月 大臣官房付兼内閣官房IT総合戦略室。2016年4月、財務省を退職し、次期衆院選に熊本2区から立候補するための準備を始めた。


2017年10月の第48回衆議院議員総選挙では、選挙前に自由民主党に公認申請を行ったが、県連はこれを受け取らず、党本部は野田毅を公認した[2]。西野は無所属で立候補し、2区を地盤としていた林田彪元衆議院議員の支援者や、隣接する福岡7区を地盤とする古賀誠元自由民主党幹事長の支援を受けるも、野田に約2万票差で敗れ落選。落選後すぐに政治活動を再開し、一つもなかった地域後援会を4年間で約50に増やすなどドブ板選挙に徹し、野田への高齢・多選批判も背景に支持基盤の切り崩しを行った。2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では、古賀から要請を受けた菅義偉前首相からも支援を受け、野田を推薦する公明党も支持母体の創価学会幹部が西野の集会に出席する動きを見せるなどし、投開票の結果西野は約5万票の大差で野田を下し、初当選した[3][4]。


2021年12月4日に自由民主党熊本県連へ入党届を提出し[5]、同県連及び党本部の承認を経て同月7日付けで正式に入党した[6]。同月22日に衆議院の自民党会派に入会した[7]。



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page