google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 薗浦健太郎君の通信簿

右をクリックして衆議院議員を評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

薗浦 健太郎(そのうら けんたろう、1972年6月3日 - )とは、日本の政治家である。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、衆議院財務金融委員長。選挙などではそのうら健太郎の表記も用いる。


内閣総理大臣補佐官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣・第4次安倍第1次改造内閣)、外務副大臣(第3次安倍第2次改造内閣)、外務大臣政務官(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)、自由民主党総裁外交特別補佐を務めた。


経歴

生い立ち

香川県高松市生まれ(本籍地は、千葉県市川市で、現在は市川市市川1丁目に在住)[1][2]。香川県立高松高等学校、東京大学法学部卒業[1]。


1996年、読売新聞社に入社し、千葉支局、市川通信部、東京本社社長室広報部、政治部などで勤務する。政治部では、首相官邸や厚生労働省を担当していた[1]。2003年、読売新聞社を退社[1]。


2003年、引退する狩野勝に代わり、衆議院選挙に自由民主党公認で千葉5区より立候補したが、民主党新人の村越祐民に敗れ、落選した。落選後、当時総務大臣だった麻生太郎の政策担当秘書を務める[1]。


政治家として

2005年の衆議院選挙に再び千葉5区から出馬し、民主党の村越らを破り初当選した。当選後、かつて秘書を務めていた麻生太郎が率いる麻生派や、2005年初当選の衆院議員で結成された83会、83会の保守系の議員が組織した伝統と創造の会に入会し、伝統と創造の会では幹事長に就任した[1]。


2009年の衆議院選挙では、自民党公認に加え公明党の推薦も受けて千葉5区から出馬したが[3]、民主党の村越に敗れ、比例復活もできず落選した。


2012年の衆議院選挙に自民党公認で千葉5区から出馬し、民主党前職の村越や、民主党から日本未来の党に鞍替えした相原史乃らを破り、3年3か月ぶりに国政に復帰した。


2013年2月より衆議院外務委員会理事[1]。



2013年9月23日、ギリシャ銀行本店にて衆議院欧州各国における政治経済事情調査団長佐藤勉(右から3人目)、衆議院欧州各国における政治経済事情調査団団員小沢鋭仁(右から2人目)、山内康一(右端)、御法川信英(左から2人目)、ギリシャ銀行総裁ゲオルギオス・プロボプロス(左から3人目)と

2014年9月4日、第2次安倍改造内閣で外務大臣政務官に任命され[4]、第3次安倍内閣まで務める。2014年の衆議院選挙では、千葉5区で村越らを破り、3選した。外務大臣政務官在職中の2015年6月25日、文化芸術懇話会の立ち上げに参加した[5]。同年10月、第3次安倍第1次改造内閣の発足に伴い、外務大臣政務官を退任した。


2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で外務副大臣に任命された[6]。2017年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣で内閣総理大臣補佐官 (国家安全保障に関する重要政策担当)に起用された[7][8]。


2017年の衆議院選挙では、立憲民主党公認のジャーナリストの山田厚史、希望の党公認の元浦安市議会議員の岡野純子を破り、4選した。


2019年9月13日、自民党では、河井克行が務めていた党総裁外交特別補佐の後任に、薗浦を起用する方針を固めた[9]。


2020年9月30日、自由民主党副幹事長、選挙対策委員会副委員長。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で5選。


政策・主張

外交

日本国憲法第9条の改正、集団的自衛権の行使に賛成[10]。

安全保障関連法に基づき、エジプト・シナイ半島にある多国籍監視軍(MFO)の司令部要員として自衛官2人の派遣を決定。安保法で可能になった「国際連携平和安全活動」として、初めてのケースを担当。イスラエル、エジプト両軍の活動を監視しているMFOの司令部に今月19日~11月30日に自衛官2人を派遣。両軍とMFOとの連絡調整に当たる。安保法に基づく国際連携平和安全活動は、国連以外の国際機関が行う活動でも平和維持活動(PKO)に類する任務であれば自衛隊を派遣できる。薗浦健太郎首相補佐官らを現地に派遣し、事前視察させた結果、政府は紛争当事者間の停戦合意などを定めた「PKO参加5原則」を満たすと判断した。[11]

「反グローバル化や保護主義的な風潮が拡大する中、日米欧が協力して自由な貿易・投資を推進していく必要性や、対日直接投資促進のための日本の取組や投資先としての魅力」を言及(外務省、平成29年3月29日)

日本におけるカジノの解禁に賛成[10]。

靖国神社への内閣総理大臣やその他の国務大臣の参拝は問題ない[10]。

内政

消費税の軽減税率の導入に賛成[10]。

原子力発電は日本に必要[10]。

特定秘密保護法に賛成[10]。

選択的夫婦別姓制度の導入に反対[12]。

支援団体

2012年の衆議院選挙の際、医療法人徳洲会グループから薗浦の選挙事務所に職員が選挙応援のために派遣されていた[13]。

人物

国民民主党代表の玉木雄一郎は高松高校の3学年先輩にあたり、「ソノケン」と呼ばれる仲である。当選回数も等しい(2021年11月時点)。交流を始めたのは政治家になってからであるが、与党・野党を越えてよく一緒に食事をしている[14]。

なお、2021年の衆議院選挙では、薗浦が立候補している千葉県第5区に、玉木が率いる国民民主党は対抗候補者の鴇田敦を立てた。千葉県の全13小選挙区のうち同党からの立候補は唯一であり、玉木は鴇田の応援演説を行った[15]。結果は薗浦の当選であった[16]。

立憲民主党議員の小川淳也は高松高校の1学年先輩にあたる。玉木と薗浦と小川の三人で食事をしたことがあり、高校時代の思い出に始まって、与野党の国会議員として色々な話をした[14]。この三人は東京大学法学部を卒業したことも共通している。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[17]

伝統と創造の会(幹事長)

創生「日本」

価値観外交を推進する議員の会

83会

TPP交渉における国益を守り抜く会

神道政治連盟国会議員懇談会

日本会議国会議員懇談会(幹事)

子どもの貧困対策推進議員連盟 [18]

政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟[19]

文化芸術懇話会[20]

日本クルド友好議員連盟(副会長)[21]



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page