google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 菅家一郎君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

菅家 一郎(かんけ いちろう、1955年5月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、復興副大臣、元内閣府大臣政務官兼環境大臣政務官。元会津若松市長(3期)。


経歴

福島県会津若松市生まれ。 会津若松市立謹教小学校、会津若松市立第二中学校、福島県立会津高等学校を経て、早稲田大学社会科学部を卒業[1]。立正佼成会の信者であり、会津教会青年部長を務めていた時期がある。[2]また世界宗教者平和会議の準会員であり、立正佼成会と自由民主党を繋ぐ役割を果たしている。[3]


1991年、会津若松市議会議員に初当選。1995年、福島県議会議員に初当選。1999年、会津若松市長に就任。2011年、任期満了に伴い退任[1]。


2012年、第46回衆議院議員総選挙で福島4区に自由民主党から出馬し、初当選。2014年、第47回衆議院議員総選挙で福島4区に自由民主党から出馬し、維新の党の小熊慎司に416票差で敗れたものの、比例復活し再選。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では希望の党に鞍替えした小熊を1,209票差で破り3選。


2018年、 第4次安倍改造内閣で環境大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任[4]。


2019年9月、 第4次安倍第2次改造内閣で復興副大臣に就任[5]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で小熊に敗れるも比例復活で4選[6][7]。


政策

憲法改正に賛成[8]。

集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[8]。

日本の核武装について検討すべきでないとしている[8]。

女性宮家の創設に反対[8]。

2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[9]。

選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[10]。

「消費税の軽減税率を0%として全品目に適用すること」を掲げた『「令和の恐慌」回避のための50兆円規模の補正予算編成に関する提言』に賛同している[11]

報道

公職選挙法違反疑惑の報道(カレンダー入り印刷物)

選挙区の会津若松市内で、政務官就任時の写真やカレンダーが印字された印刷物を無償で有権者に配布していたことが判明した。選挙区内での寄付行為を禁止している公職選挙法に抵触する恐れがあるが、菅家の事務所は「室内用ポスターであり、寄付にはあたらない」としている[12]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[13]

神道政治連盟国会議員懇談会[14]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[14]

TPP交渉における国益を守り抜く会

コメントお願いします。

0件のコメント

Opmerkingen


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page