google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 福田達夫君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

福田 達夫(ふくだ たつお、1967年3月5日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、自由民主党総務会長(第59代)。


防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)を歴任。


祖父は第67代内閣総理大臣の福田赳夫、父は第91代内閣総理大臣の福田康夫。衆議院議員の越智隆雄は従兄、元経済企画庁長官の越智通雄は義理の伯父にあたる。


来歴

生い立ち

東京都出身(現住所は群馬県高崎市貝沢町[1])。父・康夫は当時、丸善石油に勤務していた。慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。大学卒業後はアメリカ合衆国のジョンズ・ホプキンズ大学高等国際関係学研究所の研究員を経て、帰国後は三菱商事に入社。三菱商事では主に調査部門で勤務した。


政界入り

父が第2次小泉内閣で内閣官房長官を務めていた2004年、三菱商事を退社。福田康夫事務所に入所し、私設秘書を務める。2007年、父が内閣総理大臣に就任した際は内閣総理大臣秘書官を務めた[2]。


2012年9月26日、父が高崎市内で開いた後援会の会合で、次期衆議院議員総選挙に立候補せず、政界を引退する意向を表明した[3]。福田の引退表明を受け、自由民主党群馬県連が候補者の公募を行ったが、自身以外の応募がなく[4]、達夫が公認を受けた。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、群馬4区で民主、維新の新人らを破り、初当選した[5]。当選後しばらくは特定の派閥に所属していなかったが、2013年12月5日に祖父が創設し、父も所属していた清和政策研究会に入会した[6]。2014年の第47回衆議院議員総選挙で再選。


2015年5月、武井俊輔、國場幸之助、石崎徹が立ち上げた勉強会「過去を学び“分厚い保守政治”を目指す若手議員の会」に参加した[7][8]。


2017年8月7日、第3次安倍第3次改造内閣にて防衛大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任[9]。同年の第48回衆議院議員総選挙で、希望の党公認の不破弘樹ら2候補を破り3選[10]。


2021年9月10日、2021年自由民主党総裁選挙に際し自民党の派閥横断の若手国会議員有志による議員連盟「党風一新の会」を設立し、代表世話人に就任した[11]。総裁選では岸田文雄を支持し、10月、党総裁に就任した岸田より、当選3回ながら党総務会長に抜擢された[12]。


同年10月31日投開票の第49回衆議院議員総選挙において4選。


政策・主張

外交・安保

集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに反対[13]。

日本の核武装については「将来にわたって検討すべきでない」としている[13]。

核兵器の開発や保有などを禁じる「核兵器禁止条約」について批准する必要はないとしている[14]。

攻撃を受ける前に相手の拠点をたたく「敵基地攻撃能力」の保有について賛成[15]。

経済・財政

原子力規制委員会の新基準を満たした原子力発電所の再稼働に賛成[13]。

原子力発電への依存度は今後下げていくべきであるとし、再エネを主力電源にすべきとしている[14]。

日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に反対[13]。

消費税は当面は10%を維持すべきとしている[15]。

その他

日本国憲法の改正に賛成[13]。

選択的夫婦別姓制度導入について、2014年の調査では「どちらとも言えない」としていた[16]が、2017年の調査では、「どちらかと言えば賛成」としている[17]。

女性天皇に賛成[15]。

女性宮家の創設に賛成[13]。


コメントお願いします。

0件のコメント

Kommentare


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page