google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 神田潤一君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

神田 潤一(かんだ じゅんいち、1970年〈昭和45年〉9月27日 - )は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員(1期)、元金融庁職員、元日本銀行職員。青森県八戸市出身[2]。


曽祖父はの2-4代目八戸市長の神田重雄。父は八戸市議会議員や共産党三八地区委員長などを務めた神田洋一(故人)。


経歴

青森県立八戸高等学校卒業後、東京大学に入学し、1994年に経済学部卒業、同年日本銀行入行。


2000年に米イェール大学より修士号取得。2004年より日本銀行金融機構局で、主要行や外国金融機関等のモニタリング・考査を担当。2011年に日本生命に出向し、運用リスク管理を担当(2012年まで)。2014年より日本銀行金融機構局 考査運営課市場・流動性リスク考査グループ長。2015年8月から2017年7月まで金融庁に出向し、総務企画局企画課信用制度参事官室企画官として、日本の決済制度・インフラの高度化、およびフィンテックに関連する調査・政策企画に従事。


2017年9月にマネーフォワードに入社し、同年12月より執行役員に就任した。2018年5月には子会社のマネーフォワードフィナンシャル株式会社の代表取締役社長に就任。2021年8月31日マネーフォワード退社。


一般社団法人Fintech協会常務理事(3期~6期8月末 2017年11月29日~2021年8月31日)[3][4]。


2021年8月に大島理森の引退に伴い自由民主党の青森2区総支部長に就任[2][5]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で初当選。



コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事