google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 神田憲次君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

神田 憲次(かんだ けんじ、1963年2月19日 - )は、日本の政治家、税理士。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、元内閣府大臣政務官。

来歴

大分県玖珠郡玖珠町出身[2][3]。現在は名古屋市中村区則武1丁目に在住[4]。崇徳高等学校、中京大学文学部英文学科卒業。1987年、中京大学大学院法学研究科修士課程修了。1989年、愛知学院大学大学院商学研究科修士課程修了[3]。1991年に税理士登録し、名古屋税理士会名古屋東支部に所属[3]。以後、約20年にわたり、顧客や取引先の倒産や自殺、夜逃げ等の問題に直面した[5]。2000年に神田憲次税理士事務所を開業し、総務省の政治資金監査人や日本国際社会事業団の評議員を務めた[3]。


2012年、第46回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で愛知5区から出馬し、民主党前職で元農林水産大臣の赤松広隆を1,795票の僅差で破り、初当選した[6]。2014年の第47回衆議院議員総選挙では、愛知5区で前回下した赤松に敗れ、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選[7]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では、自由民主党公認で愛知5区から立候補。対立候補は立憲民主党に鞍替えした赤松と希望の党が擁立した前稲沢市議会議員の新人[8]。日本共産党は候補者を取り下げた[9]。赤松に敗れるも[10]、再び比例東海ブロックで復活した[11][12]。


2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣で内閣府大臣政務官に就任[13]。


2021年の第49回衆議院議員総選挙では、自由民主党の公認で愛知5区より立候補し、立憲民主党の西川厚志、日本維新の会の岬麻紀を破り、4選(岬は比例復活で初当選)[14][15]。


政策・主張

日本国憲法第9条の改正、集団的自衛権の行使に賛成[16]。

原子力発電は日本に必要[16]。

靖国神社への内閣総理大臣やその他の国務大臣の参拝は問題ない[16]。

村山談話、河野談話の見直しに賛成[16]。

ヘイトスピーチの法律による規制に反対[16]。

日本におけるカジノの解禁に賛成[16]。

不祥事

神田の資金管理団体「神友会」と政治団体「神田憲次後援会」、神田が支部長を務める「自由民主党愛知県第五選挙区支部」の3団体[17][18][19]はいずれも、2019年まで4年連続で政治資金収支報告書を法定の期限までに提出していなかった。神田は税理士で、かつ総務省の政治資金適正化委員会に監査人登録しているにかかわらず、長きにわたり期限を守ることできなかった[20][21]。

人物

喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[22]。

同じ大分県出身で、防衛庁長官や衆議院副議長を務めた衛藤征士郎は又従兄弟にあたる[5]。なお、衛藤、神田はいずれも自民党の同じ派閥(細田派)に所属している[23]。

所属団体・議員連盟

時代に適した風営法を求める議員連盟(パチンコ議連)

自民党たばこ議員連盟[24]

もくもく会[22]

日本会議国会議員懇談会

神道政治連盟国会議員懇談会

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

パチンコチェーンストア協会(政治分野アドバイザー)[25]



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page