google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 盛山正仁君の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

盛山 正仁(もりやま まさひと、1953年12月14日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。義父は元衆議院議長の田村元[2]。武庫川女子大学客員教授、玉川大学客員教授、同志社大学客員教授、聖心女子大学講師。元法務副大臣(第3次安倍第1次改造内閣・第3次安倍第2次改造内閣)、元法務大臣政務官(第2次安倍内閣)、前衆議院厚生労働委員長。


来歴

灘中学校・高等学校を経て東京大学法学部第3類(政治コース[3])卒業[4]。1977年、運輸省に入省(海運局総務課配属[3])。2004年7月から環境省地球環境局総務課長、2005年8月に国土交通省総合政策局情報管理部長を最後に出馬の為に辞職した。


2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙に兵庫1区より自民党公認候補として出馬。借入金問題等で自民党公認を得られなかった前職砂田圭佑、並びに民主党の石井一を破り当選。自民党総務会総務、国土交通委員会委員、財務金融委員会委員などを務める。


2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では民主党新人の井戸正枝に破れ、落選した。同年10月から武庫川女子大学教授、11月に財団法人ひょうご環境創造協会兵庫県環境研究センター客員研究員、2010年4月から玉川大学客員教授、同志社大学客員教授、聖心女子大学講師を務めた。


2012年12月16日の第46回衆議院議員総選挙ではみんなの党新人の井坂信彦や前回敗れた民主党の井戸正枝を破り当選、国政に復帰した。選挙後に発足した第2次安倍内閣で法務大臣政務官に就任。法務大臣政務官として入国管理や観光立国を担当した[5]。2013年9月30日の人事により退任。


2014年12月14日の第47回衆議院議員総選挙では維新の党から出馬した井坂に破れるも、比例復活で3選。


2015年10月、法務副大臣に就任。


2016年3月、第3次安倍第2次改造内閣も法務副大臣を留任。同時に内閣府副大臣も兼任となる。2017年10月22日の第48回衆議院議員総選挙では兵庫1区で4選。


2019年10月、厚生労働委員長に就任[6]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙では前回勝利した立憲民主党の候補の井坂に敗れるも比例復活で5選[7][8]。


活動

Question book-new.svg

この節の出典や参考文献は、一次資料や記事主題の関係者による情報源に頼っています。信頼できる第三者情報源とされる出典の追加が求められています。

出典検索?: "盛山正仁" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2017年8月)

官僚時代

1998年7月に運輸省運輸政策局国際業務課から同局消費者行政課に異動し、バリアフリーを担当した。環境省出向時代は地球温暖化対策、クール・ビズ、チーム・マイナス6%の国民広報や、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(外来種生物規制法)の責任者を担当した[要出典]。


衆議院議員

初当選後は高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律(バリアフリー新法)、観光立国推進基本法、海洋基本法、エコツーリズム推進法などの成立に尽力したとブログで述べている[9]。政務官退任後には、建築士法の一部を改正する法律や地域自然資産区域における自然環境の保全及び持続可能な利用の推進に関する法律、特定生殖補助医療に関する法律案の概要の議員立法を手がけ、東日本大震災で天井が崩落し放置されていた九段会館について、古賀誠から解決を要請され中心となって対応策を検討したとブログで述べている[10]。また、超電導リニア中央新幹線の東京~名古屋~大阪間の同時開業実現のために奔走しているとブログで述べている[11]。


政策・主張

選択的夫婦別姓制度の導入にどちらかといえば賛成[12]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする改正健康増進法について、「全面禁煙をめざしたいが、生活がかかっている小規模店舗もあるので段階的にやっていく方が良いだろう。死活問題である」とコメントし、小規模飲食店に配慮をみせた[13]。

年譜

学歴

1969年3月 - 私立灘中学校卒業

1972年3月 - 私立灘高等学校卒業

1977年3月 - 東京大学法学部第3類卒業

2011年3月 - 神戸大学大学院法学研究科修了(修士)

2013年3月 - 神戸大学大学院法学研究科修了(博士)

2014年3月 - 神戸大学大学院経営学研究科修了(博士)

職歴

1977年4月 - 運輸省入省

1981年3月 - 経済協力開発機構(OECD在パリ)派遣

2004年7月 - 環境省地球環境局総務課長

2005年8月 - 国土交通省総合政策局情報管理部長

2005年9月 - 第44回総選挙で初当選(兵庫1区)

2008年10月 - 『エコツーリズム推進法の解説』発行、『生物多様性基本法』発行

2009年8月 - 第45回総選挙で落選

2009年10月 - 武庫川女子大学教授

2009年11月 - 財団法人 ひょうご環境創造協会 客員研究員

2010年4月 - 玉川大学客員教授、同志社大学客員教授、聖心女子大学講師、『観光政策と観光立国推進基本法』発行

2010年9月 - 『生物多様性100問』発行

2011年4月 - 『観光政策と観光立国推進基本法第2版』発行、武庫川女子大学客員教授

2011年10月 - 『バリアフリーからユニバーサル社会へ』発行

2012年4月 - 『環境政策入門』発行

2012年9月 - 『観光政策と観光立国推進基本法 第3版』発行

2012年12月 - 第46回総選挙で当選(兵庫1区)。法務大臣政務官に就任

2013年9月 - 政務官を退任

2014年4月 - 『鉄道政策 鉄道への公的関与について』発行

2014年12月 - 第47回総選挙で当選(比例復活)

2015年10月 - 法務副大臣に就任

2016年3月 - 法務副大臣兼内閣府副大臣に就任

2017年10月 - 第48回総選挙で当選(兵庫1区)

2019年10月 - 厚生労働委員長に就任


コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page