google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 浮島智子君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウィキペディア引用)

浮島 智子(うきしま ともこ、1963年2月1日 - )は、日本の政治家、元バレリーナ。公明党所属の衆議院議員(4期)。本名、井之上 智子。


参議院議員(1期)、文部科学大臣政務官・環境大臣政務官、内閣府副大臣・文部科学副大臣などを歴任。日中友好議員連盟所属、日韓議員連盟幹事・未来委員会副委員長。


経歴

伝記の記載を年譜形式のみとすることは推奨されていません。人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。(2019年9月)

1963年2月1日 - 東京都新宿区に生まれる。

東京立正高等学校卒業。

1984年 - 香港ロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活動。

1994年 - 渡米。

1995年 - オハイオ州のデイトン・バレエ団に入団し、ソリストとして舞台を務める。

1996年 - 阪神・淡路大震災を知り帰国し、ボランティア活動を開始。その中で劇団夢サーカスを設立し、被災した神戸から芸術の力で歓喜を起こした。

2004年7月11日 - 第20回参議院議員通常選挙に公明党公認で全国比例区から立候補し、約75万票を得て初当選(大阪・京都・和歌山・三重重点)した。

2008年8月 - 福田康夫改造内閣において文部科学大臣政務官に就任。

2010年7月11日 - 第22回参議院議員通常選挙に公明党公認で全国比例区から立候補し、約45万票を得たが落選(落選者の個人名得票としては、2019年に山本太郎候補に抜かれるまで当時史上最多[2])

2012年3月1日 - 次期衆議院総選挙への立候補を表明。

2012年12月16日 - 第46回衆議院議員総選挙に公明党公認候補として、比例近畿ブロックより立候補(比例単独・名簿登載順位第2位)。当選。

2013年9月30日 - 第2次安倍内閣において環境大臣政務官に就任(2014年9月、退任)。

2014年12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙に公明党公認候補として、比例近畿ブロックより立候補(比例単独・名簿登載順位第2位)。再選。

2017年10月22日 - 第48回衆議院議員総選挙に公明党公認候補として、比例近畿ブロックより立候補(比例単独・名簿登載順位第2位)。3選。

2018年10月4日 - 第4次安倍改造内閣において文部科学副大臣(教育・スポーツ担当)兼内閣府副大臣(東京五輪担当)に就任。

2021年10月31日 - 第48回衆議院議員総選挙に公明党公認候補として、比例近畿ブロックより立候補(比例単独・名簿登載順位第2位)。4選。

政策

村山談話・河野談話を見直すべきでない[3]。

選択的夫婦別姓制度導入に賛成[4]。

健康増進法を努力規定ではなく義務規定として、受動喫煙防止を徹底することに反対[5]。



コメントお願いします。

0件のコメント

コメント


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page