google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 浜田靖一君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

浜田 靖一(はまだ やすかず、1955年〈昭和30年〉10月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)。


自民党国会対策委員長(第53代)、防衛大臣(第6代)、防衛庁副長官(第1次小泉第1次改造内閣)、防衛政務次官(小渕内閣)、衆議院予算委員長、安全保障委員長、衆議院国家基本政策委員長を歴任。


衆議院議員を務め、「ハマコー」の愛称で全国的に知られていた浜田幸一を父に持つ[1]。



来歴・人物

アメリカ国防長官ロバート・ゲイツ(中央)、韓国国防部長官李相熹(右)と(2009年5月30日)

千葉県富津市生まれ。千葉県立木更津高等学校を卒業後、米国ヒルズデールカレッジ(en:Hillsdale College)に留学し、その後専修大学経営学部経営学科を卒業した。大学卒業後は父・浜田幸一が親しい関係にあった渡辺美智雄の事務所に就職し、1980年(昭和55年)、鈴木善幸内閣で渡辺が大蔵大臣に就任した際は、秘書官を務めた。1984年(昭和59年)からは父の秘書を務めた。


1993年(平成5年)父の引退に伴い、第40回衆議院議員総選挙に旧千葉3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に安倍晋三・田中眞紀子・熊代昭彦・岸田文雄・塩崎恭久・野田聖子・山岡賢次・江崎鉄磨・高市早苗など)。小選挙区比例代表並立制導入後初めて実施された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には千葉12区から出馬し、再選。千葉12区は中村正三郎元法務大臣の地盤でもあったことから、2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙ではコスタリカ方式により中村が千葉12区から出馬し、浜田は比例南関東ブロックで3選。1998年(平成10年)、小渕内閣で防衛政務次官に就任。


2003年(平成15年)に発足した第1次小泉第1次改造内閣で、石破茂防衛庁長官の下で防衛庁副長官を務める。同年の第43回衆議院議員総選挙では再び千葉12区から出馬し、民主党の青木愛を3万票超の差で下した(青木は比例復活)。2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙は本来ならば中村が千葉12区、浜田が比例で出馬するはずだったが、中村は小泉純一郎首相が推進する郵政民営化法案の採決に体調不良を理由に欠席したため党からの公認が得られない可能性が高まり、総選挙の直前に不出馬・引退を表明。そのため浜田が千葉12区から出馬し、青木に比例復活すら許さず大勝した。同年、自民党千葉県連会長に就任。


2008年(平成20年)、麻生内閣で防衛大臣に任命され初入閣。同年10月、「日本が侵略国家だったというのは濡れ衣だ」と主張する論文を発表した田母神俊雄航空幕僚長を、「政府見解とは異なる意見である」という理由で更迭した。翌2009年(平成21年)4月5日、北朝鮮によるミサイル発射実験が発生。これに先立ち、3月に北朝鮮が「人工衛星」と称して長距離弾道ミサイルを発射した場合、「わが国の領土の上を飛ぶようなものを打ち上げるのは極めて不愉快だし、あってはならない。もしもの場合を考えれば対処するのは当然だ」と発言し、破壊措置命令を発令する考えを表明した。在任中に海賊対処法を成立させた。


同年8月の第45回衆議院議員総選挙では千葉12区で6選したが、民主党の中後淳に比例復活を許した[注釈 1]。翌9月、麻生内閣総辞職により防衛大臣を退任。


2011年(平成23年)10月、谷垣禎一総裁の下、国会対策委員長代理に就任(国会対策委員長は自身と当選同期の岸田文雄)。2012年(平成24年)の自由民主党総裁選挙では、同じ防衛大臣経験者の石破茂を支持したが、石破は浜田と当選同期の安倍晋三に敗れた。総裁選後、安倍総裁の下、国会対策委員長代理から昇格する形で自由民主党国会対策委員長に就任した。同年12月、自民党幹事長代理に就任。2013年(平成25年)1月31日、無派閥連絡会の初会合に参加した。



2021年5月、千葉県知事選挙大敗により自民党千葉県連会長を引責辞任した渡辺博道衆議院議員の後を受け2度目の会長就任。


政策

憲法改正と集団的自衛権の行使に賛成。

アベノミクスを評価する。

原発は日本に必要。

ヘイトスピーチの法規制に賛成。

首相の靖国神社参拝は問題ない[2]。

選択的夫婦別姓制度については、2001年(平成13年)時点では賛成[3]としていたが、2014年(平成26年)の調査では、「どちらとも言えない」としていた[4]。2021年(令和3年)3月に自民党有志で設立した「選択的夫婦別姓の早期実現を目指す議員連盟」では野田聖子や岸田文雄などと共に発起人となり、自身が会長に就任した[5][6]。

「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[7]。

エピソード


海軍作戦部長ゲイリー・ラフヘッド(右)と(2009年7月3日)

強面・豪快・自己主張の強さや数々の武勇伝で知られた父・幸一とは対照的に、穏やかな性格で、TV出演やマスコミ露出を好まないという。麻生内閣の防衛相としては、安定した国会答弁や報道対応で省内の評価は高かったとされるが、発信力不足とも評された[8]。

これまでに防衛政務次官や防衛庁副長官、防衛大臣、党国防部会長を歴任した「新国防族」議員の一人。第1次小泉第1次改造内閣では、外交・安全保障の政策通で知られ、同じ新国防族に分類される石破茂防衛庁長官の下で副長官を務めた。

1994年(平成6年)6月29日、羽田内閣の総辞職に伴う首班指名選挙で、自民・社会・さきがけ3党は日本社会党委員長の村山富市を擁立したが、中曽根康弘や渡辺美智雄らがこれに反発。浜田も投票で造反し、旧連立与党側が擁立した海部俊樹元首相に投票した(決選投票で海部は村山に敗れる)。

当選後は渡辺美智雄も所属していた中曽根派に属したが、1998年(平成10年)12月に山崎派が分裂した際に離脱。なお1期上の桜井郁三、1期下の山口俊一も共に離脱している。


浜田靖一(1998年11月3日)

林芳正(ボーカル&ピアノ)、小此木八郎(ボーカル)、松山政司(ボーカル&ギター)と共に「Gi!nz(ギインズ)」というユニットを組んで音楽活動もしている。1998年(平成10年)10月の発足以来各地でのチャリティーコンサートなどを続け、2005年(平成17年)1月にはファーストアルバム「GIIN-010」を発売した。


不祥事

2009年(平成21年)1月、浜田の資金管理団体「至幸会」において私設秘書5人が労働保険に未加入だった[9]。浜田の事務所では「認識が甘かった」と謝罪し、2008年(平成20年)12月に労働保険に加入し2006年度(平成18年度)分まで遡及して支払った[9]。

所属団体・議員連盟

日本会議国会議員懇談会[10]

神道政治連盟国会議員懇談会[10]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[10]

日韓議員連盟

再チャレンジ支援議員連盟

例外的に夫婦の別姓を実現させる会

TPP交渉における国益を守り抜く会

ギインズ

日本の産業基盤と将来戦闘機を考える研究会(会長)

無派閥有志の会(会長)[11]

選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟(会長)[12]



コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事