google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 池畑浩太朗君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウィキペディア引用)

池畑 浩太朗(いけはた こうたろう、1974年(昭和49年)9月26日 - )は、日本の政治家。日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。元兵庫県議会議員(2期)。

来歴

東京都港区生まれ。親の仕事の関係で小学生の一時期はサウジアラビアで過ごした経験を持つ。兵庫県立農業高等学校、岡山県立農業大学校を卒業し、兵庫県立農業高校の教員を9年間務めたあと、「農業のあり方を根本から変えたい」と政治家を志し、市村浩一郎衆議院議員の公設秘書を務めた。2009年6月の兵庫県議会議員補欠選挙宝塚市選挙区に民主党公認で立候補し当選。2011年の県議選で再選。2015年の県議選では落選した[2][3]。


2017年4月11日、民進党は次期衆院選兵庫12区に池畑を擁立すると決定[4]。同年10月3日に民進党を離党し、同月の第48回衆議院議員総選挙には希望の党から立候補した[5]。この際民進党本部から希望の党の政策協定書がファクスで送られ、読んで納得したので希望の党へ移る気持ちを固め、民進党に離党届を提出した[6]。選挙では自民党の山口壯に敗れ落選。希望の党解党後は国民民主党に所属したが、2020年9月の同党の分裂後は無所属となった[7]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では公示直前に日本維新の会の公認を受けた。これについて池畑は「維新のオファーは前々からあったが、無所属で戦うつもりで断っていた。だが、さまざまなデータを見て無所属での当選は難しいと判断し、公認を受けようと決意した」と述べた[8]。選挙では山口に再び敗れるも、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選[9]。


政策・主張

日本の国柄であるとしている神話をもとに考古学のコンセンサスに反して日本国家が2600年前から続いていることが事実であるとし、憲法に表現するべきだとしている[10]。


コメントお願いします。

0件のコメント

댓글


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page