google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 池田佳隆君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウィキペディア引用)

池田 佳隆(いけだ よしたか、1966年6月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、文部科学副大臣兼内閣府副大臣(第1次岸田内閣・第2次岸田内閣)。


経歴

愛知県名古屋市生まれ(現在は名古屋市緑区鳴子町2丁目に在住)[1][2][3][4]。生家は化学薬品メーカーの三興コロイド化学を経営[5][6]。東海中学校・高等学校、成城大学法学部法律学科を経て[7]、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程を修了し経営学修士を取得し[8]、三興コロイド化学を引き継ぐ[7]。


1993年、名古屋青年会議所入会。2000年、同所理事。2003年、日本青年会議所東海地区協議会理事。2004年、名古屋青年会議所理事長に就任。2005年(平成17年)、日本青年会議所副会頭。2006年、会頭に就任[8]。この当時、DVD「誇り ―伝えようこの日本(くに)のあゆみ―」を青年会議所で制作している[9]。


2006年、文部科学省新教育システム開発プログラムステアリング・コミッティー委員を務めた[10]。2006年6月、衆議院教育基本法特別委員会に参考人として招かれ、いわゆる自虐史観を批判する立場から意見陳述した[11]。同年7月に内閣官房長官(当時)安倍晋三と偶然面会し、これがきっかけで政治家を志すようになった[12]。「安倍の愛弟子」を自任[12]、安倍との対談が日本青年会議所広報誌『We Believe』2006年12月号に掲載された[11]。


2012年の第46回衆議院議員総選挙で愛知3区に自由民主党から出馬し、元環境副大臣で民主党の近藤昭一を破り、初当選。愛知3区で小選挙区当選した初の自民党議員となった[要出典]。


2014年の第47回衆議院議員総選挙では前回下した近藤に愛知3区で敗れるも、重複立候補していた比例東海ブロックで復活、再選[13]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では、立憲民主党公認の近藤に愛知3区で再び敗れるも、比例復活で3選[14][15]。


2021年の第49回衆議院議員総選挙でも、立憲民主党公認の近藤に愛知3区で敗れるも、比例復活で4選[16][17]。


政策

憲法改正に賛成[18]。

女性宮家の創設に反対[18]。

選択的夫婦別姓制度導入に反対[19]。

集団的自衛権の行使に賛成[20]。

軽減税率の導入に賛成[20]。

アベノミクスを評価する[20]。

村山談話・河野談話を見直すべきだ[20]。

ヘイトスピーチの法規制に賛成[20]。

「道徳教育をすすめる有識者の会」に賛同[21]。

不祥事・批判

運動員公職選挙違反

2012年の衆院選で限度額を超える報酬を約束したとして、公職選挙法違反(買収約束、事前運動)容疑で、池田の運動員が逮捕された[22]。


前川講演添削問題

文部科学省が前川喜平の授業内容を報告するよう名古屋市教育委員会に求める前に、文科省に照会したのは自民党文部科学部会長代理の池田[23]で、市教委への質問項目の添削もしていたことが取材で明らかになった。部会長を務める赤池誠章参院議員が文科省に照会していたことも判明した[24]。


人物

喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[25]。

所属団体・議員連盟

ボーイスカウト振興国会議員連盟

日本会議国会議員懇談会[26]

神道政治連盟国会議員懇談会[26]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[26]

国際観光産業振興議員連盟

TPP交渉における国益を守り抜く会

文化芸術懇話会[27]

もくもく会[25]

著書

「誇り高き国 日本 ―この国に生まれて本当に良かった―」ダイヤモンド社 2007年1月 ISBN 978-4478733448



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page