google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 江崎鐵馬君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウィキペディア引用)

江崎 鐵磨(えさき てつま、1943年9月17日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(8期)、自由民主党総務会長代理。

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当・消費者及び食品安全・海洋政策)、領土問題担当大臣を歴任した。姓は「江﨑」とも[2]、名は「鉄磨」とも表記される[3]。

父は元通商産業大臣の江崎真澄[4]。異母弟は元衆議院議員の江崎洋一郎。

来歴

愛知県一宮市に生まれる(現在は一宮市時之島に在住)[5][6]。一宮市立向山小学校、一宮市立南部中学校、愛知県立一宮高等学校卒業。1967年3月、立教大学文学部教育学科卒業。同年4月、少林寺拳法の開祖である宗道臣の秘書となる[3]。1971年1月から衆議院議員の父・江崎真澄の秘書を務める[3][7]。1986年、一宮サッカー連盟会長に就任。


1992年10月28日、経世会の会長が小渕恵三に選ばれると、これを不服とする派内の小沢一郎のグループは羽田孜を代表とする政策集団「改革フォーラム21」(羽田派)を結成すると発表した[8]。


同年12月初め、父親の江崎真澄は次期衆院選には出馬せず、地盤を三男の鉄磨に譲る意向を表明した[9]。このとき真澄は「鉄磨は羽田派から出る」と言い切った[10]。


1993年、学校法人一宮女学園(現:修文学院)理事に就任[要出典]。


衆議院議員

1993年6月18日、野党が提出した内閣不信任決議案は自民党羽田孜派が賛成したことから可決し、衆議院が解散。当時、愛知県には羽田派に属する議員がいなかったため、父の江崎真澄は旧岐阜1区の松田岩夫を窓口に羽田派と接触を行っていた。


6月22日、鐵磨は一宮市、江南市、丹羽郡選出の江崎真澄系県議5人とともに上京。砂防会館の真澄の事務所を訪れた。5人の県議はそれぞれの選挙区の事情を踏まえ、羽田派に行くか自民党公認で行くかについて意見を述べ、鐵磨は父親に向かって「羽田派とともに新しい時代の政治改革に取り組みたい」と言った。真澄が「君の選択を尊重する」と「裁可」を下し、行くべき道が決まった。父子はその後、紀尾井町の羽田孜の事務所を訪問。羽田代表から「お互いに同士としてがんばりましょう」と激励を受けた[11][12]。


7月18日に行われた第40回衆議院議員総選挙に新生党公認で旧愛知3区より立候補し、初当選を果たした。7月31日、衆院選にからみ一宮市議の古田弘が公選法違反容疑で逮捕された[13]。1994年、新進党結成に参加[14]。


小選挙区比例代表並立制が導入された1996年の第41回衆議院議員総選挙では愛知10区から新進党公認で立候補し、再選される。新進党解党後の1998年には自由党の結党に参加し、財団法人日本武道館の評議員も務めた。


2000年4月3日、連立政権を望むグループが自由党から脱退し、新たな政党「保守党」を設立。江崎も同党に参加した[15]。4月5日に発足した第1次森内閣で外務総括政務次官に就任。6月の第42回衆議院議員総選挙に保守党公認で出馬するも、自民党公認で出馬した鈴木雅博[注 1]との間で票が分散し民主党の元職・佐藤観樹に敗れ現職の外務統括政務次官ながら比例復活もならず落選。


2003年の第43回衆議院議員総選挙に保守党の後継政党である保守新党公認で立候補し僅差で佐藤を破り、国政に返り咲く。選挙後、保守新党の解党により自由民主党に入党。


2005年の第44回衆議院議員総選挙で4期目の当選。第3次小泉内閣で国土交通副大臣(災害対策関係施策、国土関係施策及び社会資本整備関係施策の総括[16])に就任する。


2009年の第45回衆議院議員総選挙で民主党の杉本和巳に敗れ落選。


2012年の第46回衆議院議員総選挙で4候補を破り、5期目の当選を果たす[1]。みんなの党に移った杉本は比例復活で当選。落選中に所属派閥の旧二階派が志帥会(当時:伊吹派)に併合されたため、江崎の新たな所属先も二階俊博らと同じ志帥会となった。ほどなくして伊吹が衆議院議長に就任したため、二階が新しい志帥会の会長に就き、同派の通称は以前の所属派閥と同じく「二階派」となった。


2013年10月15日、衆議院法務委員長に就任。


2014年の第47回衆議院議員総選挙で6選。


2015年2月の一宮市長選挙では当初、元総務官僚の中野正康の支持を決めていたが、一転、元市議の神戸健太郎を支持[17][18]、結果、神戸は次点で敗れたほか、同年4月の江南市長選では現職の堀元を支援したが[19][20]、堀は元市議で新人の沢田和延に敗れ落選し、次第に江崎の看板が地元選挙区で通用しなくなってきていることが露呈する形となった。


2016年1月4日に衆議院消費者問題に関する特別委員長に就任した。


内閣府特命担当大臣

2017年8月3日、第3次安倍第3次改造内閣で内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・消費者及び食品安全・海洋政策)、領土問題担当大臣に任命され初入閣した。


同年10月の第48回衆議院議員総選挙は自民党の比例定年制のため重複立候補せず愛知10区のみで立候補し、希望の党の安井美沙子、日本維新の会の杉本和巳、日本共産党の新人ら3人の候補者を破り、7選を果たした[21]。


2018年2月19日、周囲から体調不良を指摘され夜になって自らの足で病院へ向かい、そのまま入院。翌20日に菅義偉官房長官が入院の事実と、軽度の脳梗塞の疑いがあることを明らかにした[22]。同日より公務も取りやめとなった。入院の結果、一過性脳虚血発作と診断され、24日にはいったん退院したが[23]、26日になって再入院[24]。翌27日に特命担当大臣を辞任した。後任には福井照が同日付で就任した[25]。


大臣辞任後

2019年10月31日に発生した火災による首里城の消失をうけ、自民党の都市公園緑地対策特別委員長として早期復元着手など9項目で構成する「都市公園整備の促進に関する緊急決議」を行い、国土交通省と党に申し入れた。対応した赤羽一嘉国土交通大臣は「首里城は国営公園で、大切な文化財。国交省を先頭に政府を挙げてしっかり取り組む」と答え、首里城を再建する意向を示した[26]。


2020年7月2日、二階俊博自民党幹事長と岸田文雄自民党政調会長が東京・紀尾井町の日本料理店で会食した際、同じ二階派の林幹雄元経済産業大臣や岸田派の根本匠元厚生労働大臣、小野寺五典元防衛大臣らと共に同席した。岸田、小野寺、江崎らはかつて国対委員長を務めていた二階のもとで野党対策に汗を流した仲で、当時の思い出話に花を咲かせたという[27]。


2021年9月29日に実施された自由民主党総裁選挙ではただ一人白票を投じた[28]。


同年10月の第49回衆議院議員総選挙に出馬。愛知県下の多くの選挙区で野党共闘が実現した中、愛知10区のみ立憲民主党、日本共産党、れいわ新選組、日本維新の会から4人の候補者が出て乱立[29]。さらに、出馬を表明していた自民所属の今村洋史も直前で東京15区に移るなど、終始江崎に有利な情勢が続いた。この結果、与野党の「大物候補」や「高齢・ベテラン候補」が落選する一方、愛知県下で最高齢の「高齢・ベテラン候補」でありながら8選を果たした[30]。


同年11月、総務会長代理に就任[31]。


閣僚として


2017年8月9日、沖縄県恩納村の沖縄科学技術大学院大学にて

8月5日、国会での対応方針を問われると「北方領土問題に関しては素人」「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。答弁書を朗読かな」と発言したほか、入閣そのものが「重荷だったの。はっきり言って」と心情を吐露した[32]。

なお今回の入閣は本人にとって初であり、一度安倍首相から閣僚就任を打診されたが固辞した。それを知った所属派閥(二階派)の領袖である二階俊博自由民主党幹事長から「君は私より4年も若い」と激怒されての就任に至っている[33]。

同年8月8日、米軍普天間飛行場の輸送機オスプレイの墜落事故を受け、「日米地位協定をもう少し見直さないと。直すところは直すという交渉に、といった気持ちを持っている」「私は門外漢だが、そういう(見直しの)気持ちを持っている」と発言した。本来沖縄の振興開発、生活基盤の整備などを所管する役職であり、外交・防衛案件である基地問題に言及することは異例であり、多方面に衝撃が走った。しかし、同日中に「安倍政権で2度、大きな見直しを実施している。今後とも米国に言うべきことはしっかり言い、目に見える改善を積み重ねていく中であるべき姿を追求していくべきではないか」と説明を補足し、あくまでも政府の方針に沿った考えであることを示した[34]。

2018年の成人の日に発生したはれのひ事件について閣議後の記者会見において消費者問題担当大臣として、「成人を迎えた方がどれだけ楽しみにしていたか。賠償をしても済まない」とはれのひを非難し[35]、今回の問題についても「想定外の問題だった。消費者庁として国民生活センターなどと連携して情報提供を行っていきたい」と述べ、消費者庁が「はれのひ」の経営状態や過去のトラブルについて情報収集を進め、被害の実態把握や被害者への情報提供に取り組む考えを表明した。そのうえで、消費生活センターに相談するよう呼びかけを行った。

2018年2月7日の衆議院予算委員会で「北方領土の日」を「沖縄北方の日」と、8日には平成30年度予算案に計上された沖縄振興一括交付金の概算要求段階からの減額幅「65億円」を「650万円」と間違えた。さらに翌9日には19世紀後半に明治政府が琉球を併合した「琉球処分」を「沖縄処分」と発言し、訂正した。発言の訂正は3日連続だった[36]。このような言い間違いに批判の声が上がったが、間もなく江崎は脳梗塞を発症し、これ以降答弁に立つことはなかった。

人物、エピソード


愛知県江南市で支持者らと言葉を交わす鐵磨


二階俊博と鐵磨


2013年7月7日、片野春男(左)の叙勲祝賀会に訪れた鐵磨

1993年の初当選以来、新進党や自由民主党への入党など一貫して二階俊博と政治行動を共にした二階側近議員の最古参[37]。保守新党出身者のうち、現在も二階と同じ派閥に属する衆議院議員は江崎ただ一人であり[注 2]、二階からは「てっちゃん」の愛称で呼ばれている[38]。

選挙カーのナンバープレートの数字は「770」だがこれは、再起を懸けた第43回衆議院議員総選挙にて、当初優勢と報じられたが実際は接戦であり、かろうじて民主党の佐藤観樹を破った時の票差であり、一票の重みを忘れないためにナンバープレートの数字に採用したとのこと[39]。

自民党の大物代議士を父に持ちその地盤を継承して政界入りしたにも関わらず、政界再編期であったことから若手時代は一貫して非自民を貫き政党の離合・衆参を経験した後にようやく自民党入りを果たすという複雑な経歴の持ち主である。

NPO法人日中国会議員書画展実行委員会が運営する日中国会議員書画展へ書画を提供している[40]。

江崎自身としては2014年の衆議院解散をもって政界から引退することを表明していたが、地元からの強い要望により出馬し、6度目の当選を飾る[41]。「これで最後」と決めていたものの、2017年の内閣改造で国務大臣に就任した直後に衆院を解散されたため、再度出馬し7回目の当選を果たした。さらに、2021年の選挙でも不出馬の意向を固めていたが、周囲から後継を名乗り出る者がいなかったことからやむなく出馬し、結果的に8回当選している[42][43]。

世襲に反対であるため、後継者選びに苦労しており、本会議で隣席であった竹下亘とのエピソードをよく引用する。江崎が「おい竹下さん、後継決まった?」と尋ねたところ竹下は「俺生きとる間は中々決まらん。皆遠慮しちゃう」と返していたが、その言葉通り、竹下が2021年9月17日に亡くなると、瞬く間に後継が決まったというものである。竹下の選挙区である島根2区では、竹下の後継として公募で選ばれた元島根県議の高見康裕が当選し、自民党の議席を守った。

父はかつての自民党の実力者のひとりだった江崎真澄、政治の師は現在の自民党の実力者の二階俊博ということもあり、いつ入閣してもおかしくはなかったが、「党にへつらって良いポストに就きたいとはさらさら思わない」と述べるなど入閣に対しては意欲的でなかった[41]。

選挙区の丹羽郡扶桑町には3代に渡り江崎を支えた地方政治家の一族、鯖瀬、片野一家がおり、鯖瀬優、片野春男が鐵磨の父・真澄を、春男と現在の扶桑町長、鯖瀬武が鐵磨を支持したことから、第49回衆議院議員総選挙に8選を目指して出馬した鐵磨は出陣式の挨拶の中で会場に応援に訪れた鯖瀬武に触れ、「鯖瀬町長は3代に渡る江崎の支持者でありました。」と発言した[44]。

キャッチコピーは「正直な政治」で日米地位協定をめぐる発言や答弁書朗読発言問題は江崎の思ったことを正直に言う性格に起因するものと言われている。閣僚ポストには意欲がなく、また自身の信条と反することには真っ向から反発するなど頑固で正直な性格から江崎を慕う若手議員は少なくないという[45][46]。事実、若手時代に江崎と同じ政党に所属していた野田佳彦元首相は江崎の朗読発言問題について「江崎氏は極めて正直な人。だから正直に(入閣の打診を)断ったのだろう」と述べており、その実直な人柄は与野党から認められている[47]。

無類の酒好きで知られ、国務大臣就任に際した記者会見前にも元気付けのために酒を飲んでいて、安倍晋三首相(当時)から叱責されたことがある[48]。初閣議の直後には慣例で日本酒が出されることになっており、江崎の「酒好き」を知る安倍は「江崎さん飲んだらダメですよ」と声をかけた。しかし、江崎は二杯目も口にしたため、安倍は「ダメだダメだ、江崎さん。これから会見なんだから」と諭したが、江崎は「これで勢いがついて、舌が滑らかになります」と切り返した。閣議の前の認証式でも、天皇陛下からのドン・ペリニヨンのシャンパンを飲んでいたという。

2006年6月、世界基督教統一神霊協会による集団結婚式(天宙平和連合祖国郷土還元日本大会)に祝電を送っていたことが報じられた[49]。

2017年の内閣改造で二階はベテランながら入閣していない山本拓と平沢勝栄、桜田義孝、福井照の4人を推薦したといわれる。二階らは彼らの中から選ばれるものだと思っていたが、当初安倍が選んだのは伊吹文明だった。しかし、伊吹は入閣を固辞したため白羽の矢が立ったのが江崎だった。しかし、当の江崎は入閣には関心がなく、安倍からの電話に秘書が応じたときも「どちらのアベさんでしょうか?」という有様だったという[50]。

かつてはトヨタ・コロナマークⅡを、結婚してからの40年間は「ボルボ一筋」と豪語するほどの車好きだったが、視野が狭くなったと感じ2018年に免許を返納している[51]。

2018年5月30日、長男を装った詐欺の電話があったが、妻が警察に通報したため難を逃れた[52]。

主張・政策

憲法9条の改正と集団的自衛権の行使に反対[53]。

アベノミクスを評価する[53]。

原発は日本に必要でない[53]。

村山談話・河野談話を見直すべきでない[53]。

ヘイトスピーチの法規制に賛成[53]。

特定秘密保護法は日本に必要だ[53]。

選択的夫婦別姓制度の導入に反対している[54]。

原子力発電所の再稼働に反対している[55]。

2017年8月8日、終戦記念日前後に靖国神社を参拝するかどうかを問われると、「十数年来、靖国は出かけていない。理由はできうれば分祀かな」と述べ、A級戦犯の分祀が望ましいとの考えを示した[34]。

カジノを含む統合型リゾート (IR) 実施法案について、「賭け事で金もうけする考えは間違っている」と公言し、6月の衆院本会議採決を欠席した[56]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[57]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

役職歴

内閣

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当・消費者及び食品安全・海洋政策)(第3次安倍第3次改造内閣)

領土問題担当大臣(第3次安倍第3次改造内閣)

国土交通副大臣(第3次小泉内閣)

外務総括政務次官(第1次森内閣)

衆議院

消費者問題に関する特別委員長

法務委員長

国家基本政策委員会理事

政党

自由民主党交通安全対策特別委員長

自由民主党国土強靭化総合調査会副会長

自由民主党災害対策特別委員長

自由民主党副幹事長

保守新党副幹事長

保守党副幹事長

自由党国会対策・総務副委員長

新進党青年局長

新進党幹事長補佐役

その他員

愛知県なぎなた連盟会長

一宮サッカー連盟会長

コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page