google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 武藤容治君の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

武藤 容治(むとう ようじ、1955年(昭和30年)10月18日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党経済産業部会長。


経済産業副大臣兼内閣府副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)、外務副大臣(第3次安倍第1次改造内閣)、総務大臣政務官(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)、衆議院農林水産委員長などを歴任。


概要

2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で民主党の前職の園田康博を破り当選。


2008年4月には、無派閥から麻生派(為公会)入りした。


2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で落選。


2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で国政復帰を果たす[1]。


2014年9月、第2次安倍改造内閣で総務大臣政務官に就任。同年12月の第47回衆議院議員総選挙で3選。


2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣で外務副大臣に就任。


2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣で経済産業副大臣兼内閣府副大臣に就任[2]。直後(同年10月)に行われた第48回衆議院議員総選挙で4選。


2018年10月、衆議院農林水産委員長に就任[3]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で5選。


略歴

1978年3月 慶應義塾大学商学部商学科卒業

1978年4月 富士写真フイルム(現・富士フイルムホールディングス)に入社

1988年9月 富士写真フイルムを退社

1988年9月 武藤嘉商事に入社

1990年 (社)岐阜青年会議所入会

1990年2月 通商産業大臣私設秘書[4]

1992年12月 エフエム名古屋(現ZIP-FM)取締役

1993年 (社)日本青年会議所 国づくりデザイン推進会議 幹事 出向

1995年 (社)日本青年会議所 個と地域を生かしたまちづくり推進会議 副議長

1996年12月 武藤嘉商事代表取締役社長

2003年1月 岐阜県肥料商業協同組合代表理事

2004年12月 菊川株式会社代表取締役社長

2005年9月 衆議院議員初当選

2005年12月 菊川株式会社取締役会長

2005年12月 武藤嘉商事取締役会長

2009年8月 衆議院選挙で落選

2012年12月 衆議院選挙で当選

2014年9月 総務大臣政務官

2014年12月 衆議院選挙で当選

2015年10月 外務副大臣

2017年8月 経済産業副大臣兼内閣府副大臣[2]

2017年10月 衆議院選挙で当選

2018年10月 衆議院農林水産委員長

政策・活動

憲法9条の改正と集団的自衛権の行使に賛成。

アベノミクスを評価する。

原発は日本に必要だ。

特定秘密保護法は日本に必要だ[5]。

選択的夫婦別姓制度導入に反対[6]。

2007年6月14日、ワシントン・ポストに掲載されたアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を求める広告「THE FACTS」の賛同者に名を連ねている[7]。

不祥事

武藤の政治団体が、2013年、札幌市中央区のキャバクラでの会合費1万100円を政治資金から支出していた[8]。同政治団体は、2011年にも岐阜市の繁華街・柳ケ瀬のキャバクラでの会合費約1万3千円を支出していた[8]。

人物

父は農林水産大臣、通商産業大臣、外務大臣、総務庁長官を歴任し13期衆議院議員を務めた武藤嘉文、祖父は元衆議院議員の武藤嘉一、曾祖父は元岐阜県知事、元衆議院議員の武藤嘉門[要出典]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[9]

神道政治連盟国会議員懇談会

日本会議国会議員懇談会

自民党動物愛護管理推進議員連盟

83会

再チャレンジ支援議員連盟

国際観光産業振興議員連盟[10]

TPP交渉における国益を守り抜く会

小規模企業税制確立議員連盟



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page