google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 橘慶一郎君の通信簿

右をクリックして衆議院議員を評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)


橘 慶一郎(たちばな けいいちろう、1961年1月23日 - )は、日本の政治家、実業家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党総務部会長。


復興副大臣(第3次安倍第2次改造内閣、第4次安倍改造内閣)、総務大臣政務官(第2次安倍内閣)、衆議院文部科学委員長、富山県高岡市長(2期)等を務めた。


父は衆議院議員や富山県議会議員を務めた橘康太郎[2]。


来歴

富山県高岡市生まれ[3]。高岡市立守山小学校(現高岡市立万葉小学校)、高岡市立志貴野中学校、富山県立高岡高等学校、東京大学法学部第2類(公法コース)卒業[1]。1984年、北海道開発庁に入庁。在職中にイギリスに留学し、1989年6月にケンブリッジ大学大学院修士課程を修了。


父・橘康太郎の衆議院議員当選により、1993年に退官。父が代表取締役社長を務めていた伏木海陸運送に入社し、同社代表取締役副社長に就任[3]。1995年より同社代表取締役社長。


2004年、高岡市長選挙に無所属で立候補。元富山県議会議員の向井英二も公明党の推薦及び民主党の支持を受けて立候補を表明し、保守分裂の様相を呈したが、橘が約1万票差で向井を破り、初当選した。2005年10月30日、高岡市・福岡町の合併により市長を自動失職し、新たに発足する高岡市の市長選に自民・公明・民主3党の推薦を受けて立候補。橘以外に立候補を届け出た者がいなかったため、無投票で高岡市長に当選した[4]。高岡市長在任中は前述の市町村合併や、高岡市総合斎場の建設等を推進した。


2009年4月、自民党富山県連幹部からの要請を受け、第45回衆議院議員総選挙に富山3区から出馬する意向を表明し[5]、同年6月に高岡市長を辞職した。富山3区では、橘の母校である富山県立高岡高等学校の先輩にあたる、無所属の野党統一候補、相本芳彦(元北日本放送アナウンサー)の優勢が伝えられていたが、相本やみんなの党が推薦する元富山県議会議員の柴田巧らを破り、当選した。


2012年の第46回衆議院議員総選挙で富山3区で7割超の票を獲得し、再選。選挙後に発足した第2次安倍内閣で総務大臣政務官に任命される。


2014年の第47回衆議院議員総選挙で3選。


2015年10月、自民党総務部会長に起用される[6]。


2016年8月、第3次安倍第2次改造内閣で復興副大臣に就任[7]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙で4選[8]。


2018年10月、第4次安倍改造内閣で復興副大臣(総括業務、地震・津波災害からの復興、「復興五輪」の推進、宮城復興局に関する事項を担当[9])に就任。


2019年10月、文部科学委員長に就任[10]。


2020年10月6日、自民党総務部会長に再び就任し、地方自治分野、情報通信分野、行政管理・評価、統計を担う[11]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で5選。


政策・主張

日本国憲法の改正に賛成[12]。

集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに賛成[12]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[12]。

女性宮家の創設に賛成[12]。

選択的夫婦別姓制度の導入について、「どちらとも言えない」としている[13]。一方、賛成[14]、とする調査もある。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[15]

神道政治連盟国会議員懇談会[16]

年譜

1961年1月23日 - 富山県高岡市にて出生

1984年3月 - 東京大学法学部第2類(公法コース)卒業[1]

4月 - 北海道開発庁に入庁

1991年4月 - 北海道開発庁企画室開発専門官

1993年9月 - 退官、伏木海陸運送代表取締役副社長

1995年9月 - 伏木海陸運送代表取締役社長

1997年4月 - 末広開発取締役

6月 - 新港ビル代表取締役社長

1999年6月 - 北日本放送監査役

2001年6月 - 富山県経営者協会副会長

2003年3月 - 高岡商工会議所副会頭、

5月 - 高岡ステーションビル社長

6月 - 万葉線社長、新湊観光開発代表取締役社長、末広開発代表取締役副社長

2004年4月 - 伏木海陸運送代表取締役会長

5月25日 - 高岡市長当選[17]

6月 - 新港ビル取締役、新湊観光開発取締役、末広開発取締役相談役

2005年6月 - 万葉線会長

11月20日 - 高岡市長再選

2009年6月19日 - 高岡市長を辞職、北日本放送監査役を退任

8月30日 - 第45回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で富山3区から出馬し、当選

2012年12月16日 - 第46回衆議院議員総選挙で再選

12月26日 - 総務大臣政務官(第2次安倍内閣)

2014年12月14日 - 第47回衆議院議員総選挙で3選

2015年10月23日 - 自由民主党総務部会長

2016年8月5日 - 復興副大臣(第3次安倍第2次改造内閣)

2017年10月22日 - 第48回衆議院議員総選挙で4選

2019年10月4日 - 文部科学委員長に就任

2020年10月6日 - 自由民主党総務部会長

親族

父・橘康太郎 - 元衆議院議員・富山県議会議員

祖父・橘直治 - 元衆議院議員・参議院議員

曾祖父・橘林太郎 - 元守山村会議員・富山県会議員

高祖父・橘清治郎 - 元貴族院議員・守山村会議員

コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事