google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 柿沢未途君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

柿沢 未途(かきざわ みと、1971年1月21日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。本名表記:柿澤 未途。


東京都議会議員(2期)、維新の党政務調査会長、同幹事長などを歴任した。


父は、外務大臣、衆議院議員、山梨県知事特別顧問、自由党党首(柿澤自由党)を歴任した柿澤弘治。妻は前東京都議会議員の柿沢幸絵(旧姓:野上、戸籍名:柿澤幸絵)[1][2]。河野通一元日本銀行副総裁は祖父で、小川駒橘元長崎師範学校校長は高祖父。


来歴

生い立ち

大蔵官僚の父・柿澤弘治の赴任先のベルギーで生まれる。生後3ヶ月で日本に帰国し東京都江東区に転居。江東区立数矢小学校、麻布中学校・高等学校、東京大学法学部卒業。ゼミは松下満雄の通商法[3]。評論家の呉智英が主宰する論語の私塾「以費塾」にも通っていた[4]。封建主義の復権を唱える呉の弟子であり[4]、後に国会議員になった際には呉から「史上初の封建主義者の国会議員」と喜ばれた[5]。また、自身でも国会史上初の封建主義者と自任している[4]。


1992年にはフジテレビの番組「カルトQ」(競馬の回)に出演しカルトキングに輝く[6]。東大卒業後の1995年4月、NHKに入局。長野放送局に勤務し、1998年長野オリンピックの報道にも携わった。


都議会にて

1999年、父・弘治の東京都知事選挙[7]への出馬を契機にNHKを退職。2000年の第42回衆議院議員総選挙で父が当選して国政に復帰したため、父の秘書を務める。


2001年6月、「東京12区構想」を掲げる無所属政策集団「1/2の会」を旗揚げ。同年の東京都議会議員選挙に江東区選挙区から出馬し、初当選する。その後、民主党に入党し、2005年の東京都議会議員選挙には民主党公認で出馬して再選された。同年8月、都議会民主党政調会長に就任(-2006年2月)。


酒気帯び運転による自損事故

2008年2月9日、知人と焼肉店で飲食後、首都高速道路で酒気帯び運転による自損事故を起こし[8]、飲酒の発覚を免れようと雪を食べたとされる。2月12日に都議会議員を辞職、民主党を離党した[9][10][11]。この一件のときに呉智英から「こんな事で人生を捨ててはならぬ」という励ましの直筆の手紙をもらい、柿沢は呉先生の弟子として認めて頂いているのだと感激したという[12]。その後、滋賀県にある臨済宗永源寺派大本山永源寺で修行を重ね、帰京後は食道癌に罹患した父の看病に携わった。


みんなの党から国政へ

2009年8月、みんなの党に入党。同月の第45回衆議院議員総選挙にみんなの党公認で東京15区から出馬し、小選挙区では、民主党の東祥三、自由民主党の木村勉の後塵を拝したが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、初当選。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、東京15区で民主党から日本未来の党へ鞍替えした東祥三や自民党の秋元司らを下し、初めて小選挙区で当選した。


みんなの党では江田憲司幹事長の側近として活動し、政調会長代理を務めたが、江田が渡辺喜美代表との対立により2013年8月7日付で幹事長を解任されると、柿沢も政調会長代理を解任された[13]。同年8月23日、みんなの党へ離党届を提出[14][15]し、受理された。


維新の党

2013年12月、結いの党が結党されると政策調査会長に就任。日本維新の会との合流へ向けて政策協議を進める。2014年9月、日本維新の会と結いの党が合流して維新の党が結党したことに伴い、引き続き政務調査会長に就任。


2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、東京15区で自民党の秋元を僅差で破り、3選。


2015年5月17日、大阪市特別区設置住民投票で大阪都構想が否決されると、維新の党の橋下徹最高顧問は大阪市長任期終了後に政治家から引退することを表明、江田憲司は党代表の辞職を表明した。19日の両院議員総会で幹事長の松野頼久が代表に選ばれ、21日の執行委員会において幹事長の後任に政調会長であった柿沢を、政調会長の後任に政調会長代理であった今井雅人を充てる人事が決定された。


8月14日、山形市長選挙において、民主党・共産党などが推薦する立候補者を独断で応援に訪れたことを問題視した松井一郎大阪府知事が幹事長の辞任を要求するが、これを拒否したため橋下・松井が維新の党を離党し新党結成を表明するなど、党が分裂する事態に発展した[16][17][18]。このため、党内から辞任論が相次ぎ、9月8日に幹事長を解任された[19]。


民進党

幹事長辞職後も維新の党の野党再編派として活動。民進党に合流した。2016年9月、蓮舫代表の下、民進党役員室長に就任[20]。10月、民進党東京都連会長選挙に出馬するも、現職の松原仁に敗れる[21]。


2017年6月、2017年東京都議会議員選挙で民進党から公認を受けている、妻の野上幸絵都議が都民ファーストの会との連携を模索するとし離党届を提出したことを受け、その責任を取るため役員室長を辞任した[22]。


希望の党

2017年9月の民進党代表選挙後、離党を検討していることが報じられ[23][24][25][26][27]、9月28日に離党届を提出し、希望の党に参加する意向を示した[28][29][30][31]。


同年10月22日投開票の第48回衆議院議員総選挙では希望の党公認で出馬し、党への逆風から党勢がしぼんでいき、2回続けていた小選挙区での議席を死守できず、最終的に比例で復活当選[32]。


無所属

2018年5月、希望の党と民進党による新党、国民民主党の結党には参加せず無所属となった。


2019年5月7日、無所属のまま衆議院会派『社会保障を立て直す国民会議』に入会した[33]。同年10月24日、超党派の政策グループ「直諫の会」を重徳和彦らとともに設立した[34]。


2020年9月3日、立憲民主党と国民民主党の合流新党への入党受け付けが締め切られ[35]、9月7日には玉木雄一郎を中心とする新「国民民主党」に加わる国会議員の募集が締め切られた。柿沢はいずれの党にも参加せず、無所属での活動を継続することとなった[36]。


自由民主党

2021年10月4日の首相指名選挙において、自由民主党総裁の岸田文雄に投票した[37]。同日、会派「立憲民主党・無所属」を離脱した[38]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙においては、当選した暁には自由民主党に入党する意向を示した。長年柿沢と選挙で対峙してきた自由民主党東京都連はこの動きに反発し、今村洋史元衆議院議員を東京15区に擁立する方針となったが、自由民主党本部は同年10月15日発表の二次公認で今村を公認候補とせず、柿沢と今村の両者に推薦を出すことに決定した[39]。同年10月31日の投開票では今村や立憲民主党元職の井戸正枝らを破り5選[40]。同日付けで自由民主党からの追加公認を受けた。


自由民主党入りにあたって、麻布中学校・高等学校の先輩にあたる谷垣禎一が仲介役となった[41]縁から、当選直後に谷垣グループに入会した[42]。


政策・主張

憲法問題

憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[43][44]。

改正すべき項目として「首相公選制を導入する」「地方公共団体の権限強化を明記する」「首相の解散権に制約を加える」と主張[45]。

憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートでは回答しなかった[46]。

安全保障関連法の成立について、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[43]。

集団的自衛権行使容認に賛成。

ジェンダー問題

選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「どちらともいえない」と回答[47]。2017年、2021年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[43][44]。

同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[46]。

「LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「どちらかといえば賛成」と回答[44]。

クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[46]。

その他

「原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[46]。

アベノミクスについて、2017年のアンケートで「どちらかといえば評価しない」と回答[43]。

安倍内閣による森友学園問題・加計学園問題への対応について、2017年のアンケートで「評価しない」と回答[43]。

外国人に対する地方参政権の付与に反対。

2019年10月の消費税10%への引き上げを凍結すべき。

政治資金

2015年、柿沢の政党支部が、総務省の補助金交付が決まっていた企業から寄付を受けていたことが発覚した[48]。政治資金規正法では、補助金交付決定から1年以内の企業からの寄付を禁じている[48]。

磁気治療器の販売預託商法で約2000億円の消費者被害を発生させたジャパンライフ(2017年破綻)から、2010年から2013年にかけて計1940万円の献金を受けていた[49]。ジャパンライフの山口隆祥元会長は、柿沢の父の柿澤弘治の頃から同家を応援していたとされる[50]。債権者の弁護団は2019年6月、同社から受けた寄付の返金を政治家側に求める声明を出し、柿沢は当初返還を検討する意向を示していたが、その後公職選挙法が禁じる寄付行為に当たる可能性があるなどとして返還をストップした[51]。

人物

2010年10月、国家主権と国益を守るために行動する議員連盟に参加[要出典]。10月9日に沖縄県を訪問し、尖閣諸島をヘリコプターで上空から視察した[要出典]。

競馬ファンであり、大学時代、東京大学ホースメンクラブに所属し、フジテレビのクイズ番組『カルトQ』の「競馬」の回で優勝した経験を持つ[52]。また、「東大生が競馬場に通う24の理由」という本で競馬のエッセイを出している。

タレントの春香クリスティーンは、柿沢未途のファンを公言している[53]。

呉智英の論語の以費塾は後に評論家の浅羽通明が塾頭になったが、柿沢は浅羽が執筆した『ニセ学生マニュアル』を読んでから浅羽の愛読者である[54]。

所属団体・議員連盟

日本会議国会議員懇談会[55]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[55]

国家主権と国益を守るために行動する議員連盟

原発ゼロの会

日本国際フォーラム(政策委員[56])

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟(事務局次長)

国際観光産業振興議員連盟(副会長)

日本クルド友好議員連盟(副会長)[57]

対中政策に関する国会議員連盟

東京都ユース・ホステル協会(会長)[5


コメントお願いします。

0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page