google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 斎藤アレックス君の通信簿

右をクリックして衆議院議員を評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

斎藤 アレックス(さいとう あれっくす、1985年(昭和60年)6月30日 - )は、日本の政治家。国民民主党所属の衆議院議員(1期)。戸籍名は「斎藤勇士アレックス(さいとう ゆうし あれっくす)」[1]。


来歴

スペインマドリード市にスペイン人の父と、日本人の母の間に生まれる。5歳の時に日本に移り、大阪府の大阪市や守口市で育つ[2]。バブル崩壊による景気の低迷もあり1999年に父親が営んでいたスペイン料理店が閉店すると父はスペインに帰ってしまい、母子家庭となる。母が朝から晩までパートを掛け持ちして育ててくれた姿を見て、「どうしたら経済が良くなるのか」という問題意識の芽生えから政治家を志す[3][4]。


同志社大学経済学部卒業後、証券会社勤務を経て、2013年に松下政経塾に入塾。アメリカ合衆国下院議員のインターンなどを経験し、2017年卒塾[5]。同年4月より前原誠司衆議院議員の秘書を務める。2018年10月、旧国民民主党が第25回参議院議員通常選挙京都府選挙区に斎藤を擁立すると発表したが、その後旧立憲民主党が同選挙区に候補者の擁立を決めたため、共倒れを回避するためとして2019年4月に立候補を断念した[6]。同年、大津市に移住し、次期衆院選滋賀1区に立候補すると表明[7]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では国民民主党公認で立候補し、小選挙区で自由民主党の大岡敏孝に敗れるも、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選した[8][9][10]。


政策・主張

憲法問題

憲法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[11]。

憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[12]。

ジェンダー問題

選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[11]。

同性婚を可能とする法改正について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[12]。

「LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[11]。

クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[12]。

その他

「原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「下げるべき」と回答[12]。

新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは「必要」と回答[12]。


コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page