google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 手塚仁雄君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

手塚 仁雄(てづか よしお、1966年9月14日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員(5期)。内閣総理大臣補佐官(野田内閣・野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣)、東京都議会議員(1期)等を務めた。


父は音楽評論家のいソノてルヲ[1](本名:磯野晃雄、1930年7月28日 - 1999年4月21日)。手塚姓は、後に養子縁組を行った母方の祖父によるもの。


来歴

生い立ち

東京都目黒区出身[1]。目黒区立宮前小学校、世田谷区立八幡中学校、早稲田大学本庄高等学院、早稲田大学第一文学部卒業[1]。


早大では雄弁会に加わり、同会の副幹事長を務めた。早大在学中、中国の南京大学に短期留学し[1]、帰国後は政策集団「自由社会フォーラム」で政策立案の研究に従事した[1]。


政治家として


2011年9月5日、野田内閣の内閣総理大臣補佐官辞令交付後の記念撮影にて

1993年、細川護煕が結党した日本新党に入党し、党目黒支部長に就任。同年の東京都議会議員選挙に日本新党公認で目黒区選挙区から出馬し、当時最年少で初当選を果たした[1]。日本新党は1994年に解党したが、新進党には参加せず、1996年の旧民主党の結党に参加した。


1996年、都議を1期目の任期途中で辞職。同年の第41回衆議院議員総選挙に東京5区から旧民主党公認で出馬したが、自由民主党の小杉隆に敗れ、落選。


2000年の第42回衆議院議員総選挙では、民主党公認で東京5区から出馬し、前回敗れた自民党の小杉を約4千票差で破り、東京5区で初当選を果たした[1]。2002年の民主党代表選挙では、野田佳彦の擁立に尽力するが、野田は鳩山由紀夫に敗れる。同年12月、鳩山代表の辞任を受けて行われた代表選では岡田克也を支持したが、岡田は菅直人に敗れた。


2003年の第43回衆議院議員総選挙では東京5区で再び小杉を破り、再選(小杉も比例復活)。2004年、民主党東京都連幹事長に就任。第20回参議院議員通常選挙では東京都選挙区で後に民進党代表となる蓮舫を擁立し、当選に導いた。


2005年の第44回衆議院議員総選挙では、東京5区で自民党前職の小杉に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでの復活もならず落選した。2007年の第21回参議院議員通常選挙では、落選中ながら比例区から立候補した横峯良郎の世話役を務めた[2]。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、引退した小杉に代わり岐阜1区から国替えしてきた自民党の佐藤ゆかりを破り、4年ぶりに国政に復帰した[1][3]。


2011年の民主党代表選挙では野田佳彦を支持し、野田の推薦人にも名を連ね[4]、野田が民主党代表に選出された[5]。その後、9月の野田内閣の発足に伴い内閣総理大臣補佐官(政治主導による政策運営及び国会対策担当)に就任した[1]。


2012年の第46回衆議院議員総選挙に東京5区から民主党公認で出馬。自民党元職の若宮健嗣に敗れ、重複立候補していた比例東京ブロックでの復活もならず落選した[1][6]。2014年の第47回衆議院議員総選挙にも民主党公認で東京5区から出馬したが、再び自民党前職の若宮に敗れ、落選[7]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙に際しては、前原誠司民進党代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[8]。10月2日、希望の党は、内閣府副大臣を辞任したうえで自民党を離党した福田峰之を東京5区で公認したため、手塚は一時、無所属での立候補を表明していたが[9]、安全保障法制への反対を貫いて立憲民主党に参加し[10]、10月6日、立憲民主党の東京5区候補の公認を受けた[11]。東京5区では自民党前職で現職の防衛副大臣であった若宮に敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、5年ぶりに国政に復帰した[12]。


2021年の第49回衆議院議員総選挙では東京5区で、直近に発足した岸田内閣で万博担当大臣などとして初入閣した若宮を破り再選(若宮は比例復活)[13]。枝野幸男代表の辞任に伴う代表選挙(11月30日実施)では小川淳也の推薦人に名を連ねた[14]。


政策・主張

憲法改正

第9条の改正に反対[15]。

2012年には憲法改正に反対[16]。2014年には憲法改正に「どちらかといえば反対」としており[17]、2017年には、日本国憲法全体の改正への賛否を「無回答」とした[15]。

憲法への緊急事態条項の創設に反対[15]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としており、非核三原則の「持ち込ませず」の部分の見直しについても「議論する必要はない」としている[15]。

経済問題

アベノミクスを評価しない[15]。

カジノの解禁に反対[15]。

受動喫煙問題

2003年には、健康増進法を努力規定ではなく義務規定として受動喫煙防止を徹底することに反対している。その理由として「たばこという嗜好を一律に規制するのは問題である」と回答している[18]。

2017年には、受動喫煙防止を目的に飲食店等の建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に賛成している[19]。

その他

参議院議員通常選挙で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正に反対[15]。

高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」の導入に反対[15]。

日本の原子力発電について「当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ」としている[15]。

女性宮家の創設に賛成[15]。

人物

2006年、堀江メール問題を追及する永田寿康を陰で支え、永田が精神的に不安定な状態にあった際は手塚の親族が経営する病院に入院させた[20][21]。永田の議員辞職後も、手塚は折に触れて永田を気遣っていた[22]。

競馬好き[23]。

喫煙者である[18]。

早大在学中の1987年、神奈川県議会議員選挙で松沢成文をボランティア支援し、これが縁で後に松沢は手塚の結婚式で媒酌人を務めている[24]。

2009年11月26日、永田町の衆議院第1議員会館で開催された、在日本大韓民国青年会や在日本大韓民国民団が主催する「永住外国人の地方参政権法案の早期立法化を求める11・26緊急院内集会」に末松義規、小川敏夫、渡辺浩一郎、初鹿明博、白眞勲(民主党)、近藤正道(社会民主党)、鰐淵洋子、魚住裕一郎(公明党)、笠井亮(日本共産党)と共に参加し、在日外国人の参政権法案を早期に成立させる決意表明をした[25]。

2007年から2010年にかけて、手塚が代表を務める民主党東京都第5区総支部が、覚醒剤取締法違反により2005年に東京地裁で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた人物から、計750万円の政治献金を受けていた。手塚事務所は報道に対し、「以前、本人が事務所に来て縁ができた。道義的観点から返金を検討中」と説明した[26]。

週刊新潮の報道によれば、野田内閣で首相補佐官を務めていた期間を含む、2011年6月から約240日間にわたり、インターネットオークションのYahoo!オークションに数多くの商品を出品していた。その出品に用いる写真を議員会館内の自室で撮影していたほか、自身の政策担当秘書に発送作業をさせ、国会内の郵便局から発送する等、公私混同ぶりが指摘されたが、手塚は「国会の郵便局から出して何が悪いんですか」「国会議員の特権を使っているわけでもないし、趣味の延長だし、こんなことでの取材自体、ちょっと度を越していると思います」と反論した[27]。

平成30年7月の西日本豪雨による災害が予測されていた7月5日、議員宿舎で安倍晋三首相を含む自民党議員が開いていた懇談会を、立憲民主党を含む野党は「責任感が欠如している。気象庁が警戒を呼び掛けていた夜だ。まさかと思った」(蓮舫参議院議員)などと批判したが、同日夜、憲政記念館で手塚も「手塚よしお政治活動25周年感謝の集い」と称するパーティーを開催しており、立憲民主党の枝野幸男代表や蓮舫副代表、長妻昭代表代行、辻元清美国会対策委員長、菅直人元首相、無所属の野田佳彦元首相らもこのパーティーに出席していたため、「まさにブーメラン」「大災害をここぞとばかりに政権批判に利用する姿勢はどうか」などと逆に批判を受けた[28]。



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page