google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 御法川信英君の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

御法川 信英(みのりかわ のぶひで、1964年(昭和39年)5月25日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)。


現在は自民党国会対策委員長代理を務める。


外務大臣政務官(麻生内閣)、財務副大臣(第2次安倍改造内閣)、衆議院財務金融委員長、国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣、


自民党国会対策委員会筆頭副委員長、衆議院議院運営委員会筆頭理事、自民党秋田県連会長を歴任。


経歴

Question book-4.svg

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: "御法川信英" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年12月)

生い立ち

秋田県大曲市(現・大仙市)出身。秋田県立横手高等学校普通科、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、コロンビア大学国際公共政策大学院(SIPA)修士課程修了。秋田銀行に入行したのち、父・英文の私設秘書、公設第一秘書を勤めた。


秋田県第3区の自民党候補は、英文と村岡兼造の間で、いわゆるコスタリカ方式を適用しており、2人が小選挙区と比例区を選挙毎に入れ替わりで出馬する事になっていた[要出典]。しかし、第43回衆議院議員総選挙を前に英文が急死。村岡はコスタリカ方式の盟約は解消されたと一方的に判断して、比例区に回る予定を一転、小選挙区から出馬する。


これに、御法川陣営が反発。亡き英文の長男・信英を無所属で擁立し、保守分裂の弔い合戦となった。信英は民主党と連合の支援も受けて村岡を破り、2003年11月に衆議院議員に初当選。敗れた村岡は政界引退へと追い込まれた。


政治家として


2013年9月23日、ギリシャ銀行本店にて衆議院欧州各国における政治経済事情調査団長佐藤勉(右から3人目)、衆議院欧州各国における政治経済事情調査団団員小沢鋭仁(右から2人目)、山内康一(右端)、薗浦健太郎(左端)、ギリシャ銀行総裁ゲオルギオス・プロボプロス(左から3人目)と

当選後は支援を受けた民主党には入党せず、自民系無所属議員と院内会派「グループ改革」を結成。2004年6月に同会派を解散し自民党へ入党。2005年1月に自民党秋田県第3選挙区支部長に就任。同年11月自民党国会対策副委員長就任。


郵政民営化には採決の直前まで反対の立場だったが、武部勤自民党幹事長ら執行部の説得に応じ賛成票を投ずる[要出典]。反対票を投じた場合の自身への刺客として村岡兼造の次男・村岡敏英の名を示唆されていた[要出典]。2005年の総選挙で再選。同年11月に自民党国会対策副委員長就任。なお、派閥には所属していないものの、武部勤元自民党幹事長を中心に結成された党内政策集団「改革フォーラム 新しい風」(武部グループ)に属し、代表幹事を務めている。2007年には衆議院議事進行係に任命された。2008年8月、福田康夫改造内閣において外務大臣政務官に就任。同年麻生内閣で留任。


2009年の第45回衆議院議員総選挙では、再び村岡と対決するが、民主党の京野公子に敗れて共に落選。比例での復活当選も出来なかった。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で当選。国政に復帰した[1]。


2014年9月3日、第2次安倍改造内閣で財務副大臣に就任。同年10月から11月にかけて、選挙区民に対するカレンダー無料配布、政治資金収支報告書の不適切記載問題など、計3件の不祥事が報じられる[2][3][4]。


同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙で4選。同年12月25日、臨時閣議が開かれ、第3次安倍内閣の副大臣・政務官人事が諮られるが、御法川は財務副大臣再任を固辞して退任した[5]。


2015年、自民党秋田県支部連合会会長に就任。


2016年、衆議院財務金融委員長に就任[6]。


2017年5月、佐藤勉が設立した新グループ「天元会」に参加[7]。その後、天元会所属議員らと共に新派閥志公会(麻生派)に合流[8]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で5選[9]。


第4次安倍第2次改造内閣で国土交通副大臣(災害対策、建設産業、鉄道、自動車、観光等の担当[10])兼内閣府副大臣兼復興副大臣に就任。


2020年、自民党国会対策委員会筆頭副委員長、衆議院議院運営委員会筆頭理事に就任。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選。同年11月9日、自民党国会対策委員長代理に就任。


政策

2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[11]。

選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[12]。

不祥事

年金未納

2004年、政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金の未納が発覚している(1988年6月分)[13]。


カレンダー無料配布

2014年10月24日、御法川の政治団体が同年1月~2月に後援会員や党員に顔写真入りのカレンダー3千枚を無料配布していたことが報道により明らかとなった[2]。公職選挙法で寄付が禁じられる有価物に該当すると指摘された[14]。


政治資金収支報告書の不適切な記載

2014年11月14日、御法川の資金管理団体「経済調査会」が作成した2010年から2012年にかけての政治資金収支報告書につき、懇親会やゴルフ大会の収入が個別の収入項目に記載されていないことが報道により明らかとなった[3]。


同年11月26日、同資金管理団体が出した2013年分の政治資金収支報告書で、「みのり川信英後援会」からの2013年7月16日付の寄付について「500万円」と記載されているところ、後援会側の同年分報告書では「400万円」と記され、記載にずれが生じていたことが報道により明らかとなった[4]。


人物

喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[15]。

所属団体・議員連盟

ユニセフ議員連盟幹事長

自民党花火文化芸術振興議員連盟(花火議連)事務局長

自民党たばこ議員連盟[16]

もくもく会[15]

時代に適した風営法を求める議員連盟(パチンコ議連)

真の人権擁護を考える懇談会

神道政治連盟国会議員懇談会

日本会議国会議員懇談会

速やかな政策実現を求める有志議員の会

自民党国際人材議員連盟

自民党動物愛護管理推進議員連盟

死刑廃止を推進する議員連盟

再チャレンジ支援議員連盟

国際観光産業振興議員連盟[17]

TPP交渉における国益を守り抜く会

著作

「国際安全保障政策-アメリカで学んだ戦争と平和-」二宮浩輔(編集)『コロンビア大学院で考えた世界と日本』はる書房、2002年。


コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page