google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 川崎ひでと君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

川崎 秀人(かわさき ひでと、1981年(昭和56年)11月4日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(1期)。


来歴

三重県伊賀市出身。法政大学経済学部卒業後にNTTドコモ勤務。曽祖父の代からの政治家一族に生まれ、「4代目」と言われたことへの反発心から政治家にならないと決めていたが、子どもが生まれたことを機に時代に合った教育整備の必要性を感じ政界を志した[2]。


2017年から2021年(令和3年)まで父・川崎二郎衆議院議員の秘書(四日市笹川団地の選挙事務所を担当する責任者)を務めたのち、2021年7月に父が引退を表明したことに伴い後継として三重2区から自由民主党公認で立候補することが決まった[3]。同区は立憲民主党の中川正春が強固な地盤を築いていたが、川崎は伊賀地域の地盤を引き継ぐ一方、旧民主党系勢力が強い大票田の鈴鹿市に移り住み、重点的に街頭演説を行って切り崩しを図った結果、同年10月の第49回衆議院議員総選挙では中川を接戦の上制し初当選した[4]。人物像はダイエット目的としてボクシング訓練をするボクシング愛好者。



コメントお願いします。

0件のコメント

コメント


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page