google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 岩田和親君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウィキペディア引用)

岩田 和親(いわた かずちか、1973年9月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、経済産業大臣政務官兼復興大臣政務官兼内閣府大臣政務官(第1次岸田内閣・第2次岸田内閣)。


元防衛大臣政務官(第4次安倍第2次改造内閣)。元佐賀県議会議員(3期)。

来歴

佐賀県佐賀市生まれ。佐賀県立佐賀西高等学校、九州大学法学部(法律専攻)卒業。大学在学中に、佐賀県議会議員を務めていた父・岩田英則が死去し、それをきっかけに政治の道を志した[2]。大学卒業後は経営コンサルタントの大前研一の秘書を務める。1999年、佐賀県議会議員選挙に出馬し、佐賀県政史上最年少の25歳で初当選した。以後、3期連続当選。


2010年、自由民主党の佐賀県第1選挙区支部長に就任し、党公認を受ける。2011年の佐賀県議選には立候補せず、2012年の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で佐賀1区から出馬。民主党前職の原口一博元総務大臣を約7千票差で破り、初当選した。


2014年の第47回衆議院議員総選挙では、前回破った民主党の原口一博に佐賀1区で敗れ、重複立候補していた比例九州ブロックで復活し、再選[3]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では、再び原口一博に佐賀1区で敗れたものの、比例九州ブロックで復活し、3選。


2019年、第4次安倍第2次改造内閣で防衛大臣政務官に就任[4]。


2021年10月、第1次岸田内閣にて経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に就任[5]。


2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では、前回敗北した原口を133票差まで追い詰めるも敗北し比例復活で4選[6][7]。


当選後の同年11月11日、第2次岸田内閣にて経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官兼復興大臣政務官に再任[8][9]。


政策・主張

日本国憲法第9条の改正、集団的自衛権の行使に賛成[10]。

内閣総理大臣の靖国神社参拝に賛成[10]。

河野談話の見直しに賛成[10]。

特定の民族や人種に対するヘイトスピーチの法規制に賛成[10]。

選択的夫婦別姓制度導入に慎重、反対[11]。

人物

生家は佐賀市内の結婚式場で、岩田自身もかつては役員を務めていた[2]。

2012年の第46回衆議院議員総選挙に出馬した際、自民党佐賀県連の会長を務めていた参議院議員の福岡資麿は高校時代の同級生[12]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[13]

自民党たばこ特別委員会(幹事)[13][14]

日本会議国会議員懇談会[15]

神道政治連盟国会議員懇談会[15]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[15]

オスプレイ誘致推進佐賀県民会議(顧問)[16]


コメントお願いします。

0件のコメント

Kommentare


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page