google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 山本ともひろ君の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

山本 朋広(やまもと ともひろ、1975年6月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(5期)。


文部科学大臣政務官・復興大臣政務官(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)、内閣府大臣政務官(第3次安倍内閣)、防衛副大臣・内閣府副大臣(第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣、第4次安倍再改造内閣)等を歴任。



来歴

京都府京都市左京区生まれ[1]。京都府立北稜高等学校卒業。お笑い芸人のチュートリアルの徳井義実(クラスメイト)と福田充徳は高校の同級生。関西大学商学部商学科を卒業後、京都大学大学院法学研究科に入学し、村松岐夫に師事した[1]。2000年、京都大学で修士号を取得した後、松下政経塾に入塾[1][2]。2001年7月よりアメリカ合衆国ジョージタウン大学で客員研究員を務めた[1]。2003年、松下政経塾を卒塾。


2005年、自由民主党の候補者公募に合格し、自民党では全国最年少で京都2区支部長に就任する[1]。同年の第44回衆議院議員総選挙に自民党公認で京都2区から出馬。松下政経塾の先輩にあたる民主党の前原誠司に僅差で敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックにおいて初当選を果たした。


2009年の第45回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び京都2区から出馬したが、前原に5万票超の大差をつけられ惨敗し、比例近畿ブロックでも及ばず落選した。


2011年1月、自民党神奈川4区支部長に就任し、事実上京都2区から神奈川4区に国替えした。2012年の第46回衆議院議員総選挙に自民党公認で神奈川4区から出馬し[3]、みんなの党前職の浅尾慶一郎に敗れたが、比例南関東ブロックで2期目の当選をし、3年3ヶ月ぶりに国政に復帰した。


2014年、第2次安倍改造内閣で文部科学大臣政務官・復興大臣政務官に任命された[1]。同年12月の第47回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び神奈川4区から出馬し、無所属で出馬した浅尾に敗れたが比例南関東ブロックで3期目の当選を果たした。


2015年6月25日、「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」の施行により、初代のオリパラ担当の大臣政務官として内閣府大臣政務官を兼務する[4]。


2017年8月、防衛副大臣(第17代)・内閣府副大臣に任命された[5]。


同年10月の第48回衆議院議員総選挙に自民党公認で再び神奈川4区から出馬し、立憲民主党の新人、早稲田夕季に敗れるも比例南関東ブロックにおいて4期目の当選を果たす。無所属の浅尾は早稲田にも山本にも及ばなかった。


2017年11月、防衛副大臣(第18代)・内閣副大臣に再び任命された[6]。


2018年10月、自民党国防部会長(第54代)に就任[7]。対外的な発信を心掛けていたことで、部会長としては珍しく、度々、その発言が報道された。「人物・発言」欄を参照。


2019年9月、防衛副大臣(第20代)・内閣府副大臣に就任[8]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙では、自民党公認で再び神奈川4区から出馬し、当選した立憲民主党の早稲田夕季に19000票、次点の無所属浅尾慶一郎にも16000票以上離される3位に終わるものの、比例南関東ブロックで5期目の当選を果たした。


2021年11月、自民党文部科学部会長に就任。



政策・主張

憲法問題

憲法改正について、2017年、2021年のアンケートで「賛成」と回答[9][10]。

改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「教育の充実に向けた環境整備を行う旨を明記する」「各都道府県から必ず1人は参議院議員を選出するよう明記する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[11]。

集団的自衛権の行使に賛成[12]。

ジェンダー問題

選択的夫婦別姓制度の導入について、2017年のアンケートでは「どちらかといえば賛成」と回答[9]。2021年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[10]。

同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[10]。2021年のNHKのアンケートでは回答しなかった[13]。

「LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、「賛成」と回答[10]。

クオータ制の導入について、2021年のアンケートで回答しなかった[13]。

その他

休眠預金活用を議員立法により成立させた[14]。

原子力発電は日本に必要[12]。

内閣総理大臣やその他の国務大臣の靖国神社への参拝は問題ない[12]。

村山談話・河野談話の見直しに賛成[12]。

ヘイトスピーチの法律による規制に反対[12]。

道徳の教科化に賛成[12]。

2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じた[15]。

2007年6月14日、ワシントン・ポストに掲載されたアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を求める広告「THE FACTS」の賛同者に名を連ねた[16]。

人物・発言

東京・市ヶ谷の防衛研究所で講演し、「せめて日本海で何が起きているかは、わが国でも(情報収集する)能力を持った方がいい」と述べ、日本政府として弾道ミサイル発射を探知する早期警戒衛星(SEW)導入の必要性を主張した[17]。

米露の中距離核戦力(INF)廃棄条約の失効を受けて、「米露中の新たな条約を作り、平和な世界を模索すべきだ」とのコメントを出し「世界で軍拡が進むのは到底歓迎できるものではない」と言い切った[18]。

自民党国防部会長時代には、韓国レーダー照射事件に対して、説明が二転三転する韓国側に対して度々、「嘘つきは泥棒の始まりではなく、泥棒(韓国)が嘘をついていただけだ」[19]、「仏の顔も三度。これだけ嘘をつかれたら、もう仏の顔は使い切った」と述べ、自民党内での強硬に対応すべきだとの意見の広がりのきっかけを作った[20]。長崎県対馬市の観音寺から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像「観世音菩薩坐像」を韓国政府が日本に返還しない「対馬仏像盗難事件」を引き合いに出して説明した。

韓国のGSOMIA破棄に関しては、党国防部会長として「驚いたというよりあきれた。基本的価値観を共有できない北朝鮮や中国、ロシアを利することになる」。韓国に「仏の顔は使い切った!」などと自民党でさらに強まる独自制裁や防衛協力見直しの声のなか、「西側諸国にとどまる意思があるなら再考を強く促したい」として、強く翻意を迫った[21]。

エピソード

防衛省は2020年3月2日、当時副防衛相だった山本が公務で都内に滞在する際に公費を支出し、防衛省共済組合の宿泊施設に泊まっていたことを公表。防衛大臣の記者会見で記者から「公費の返還を求めるということはないのか?」と問われ、河野太郎防衛相は「支出に瑕疵はなかったと思います。私が就任するまで、防衛省のルールでそれを認めていたということでしょうから、特に瑕疵はなかったわけですから、その必要は、私はないと思っております。」と答えた[22]。しかし、山本は国会の質疑の中で「他の政務三役との公平性(バランス)に欠く」と全額を返納すること明言した[23]。

2020年3月30日に海上自衛隊の護衛艦「しまかぜ」が東シナ海の公海上で中国籍の漁船が衝突する事故が発生。その日の夜、防衛省が確認途中の情報を自身のツイッターに投稿し、その後、削除した[24]。しかし、多くの報道機関が、それを非公表情報と誤解し報じたために国会質疑でも質問者が「内容をここで話すのは避けます」と言ったが、山本は答弁の中で「既に調整を済んでおりまして対外的にも公表している内容でありますので、ここの場で申し上げていただいても何の問題もございません。」と公表情報であること示した[25]。

2020年、永田町界隈で「きびだんご」ブームを巻き起こした。防衛副大臣として上司である河野防衛大臣に岡山出張のお土産として「きびだんご」を渡したことに端を発した。その後、北海道でも「きびだんボ(ご)」を入手し、お土産にすると多方面から東京にも「きびだんご」はあるとの指摘がなされるなど反響を呼んだ。同年の自民党総裁選でも菅義偉候補に「きびだんご」が渡り、菅候補が支援者に渡す一幕もあった[26]。

所属団体・議員連盟

ボーイスカウト振興国会議員連盟(理事・事務局次長)

日本会議国会議員懇談会

神道政治連盟国会議員懇談会

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

伝統と創造の会

自民党動物愛護管理推進議員連盟

再チャレンジ支援議員連盟

83会

LGBTに関する課題を考える議員連盟

休眠預金活用推進議員連盟


コメントお願いします。

0件のコメント

Kommentare


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page