google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 尾崎正直君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

尾﨑 正直(おざき まさなお、1967年(昭和42年)9月14日 - )は、日本の大蔵・財務官僚、政治家、自由民主党所属の衆議院議員(1期)。


元高知県知事(民選第17・18・19代)。


来歴

高知県高知市生まれ。1991年(平成3年)、大蔵省に入省。本省勤務の他、1998年(平成10年)から3年間は外務省へ出向し、在インドネシア日本大使館で書記官(赴任時は二等、2001年(平成13年)より一等)を務める。2006年(平成18年)より内閣官房副長官秘書官。2007年(平成19年)10月、財務省を退官。


2007年(平成19年)11月25日投開票の高知県知事選挙に自由民主党、民主党高知県連、公明党、社会民主党の推薦で出馬し、40歳で初当選。翌2008年(平成20年)1月に橋下徹が大阪府知事に就任するまでは、全国で最年少の知事であった[注 1]。


2011年(平成23年)の高知県知事選挙では、尾﨑以外に立候補を届け出た者がいなかったため、無投票再選[3]。


2013年(平成25年)1月に内閣府の教育再生実行会議の委員に就任し、2015年(平成27年)10月5日まで務めた[4]。同年10月の高知県知事選挙では、尾﨑以外に立候補を届け出た者がおらず、2011年の知事選に引き続き、2度連続で無投票再選[5]。知事選が2度連続で無投票になるのは1978年(昭和53年)、1982年(昭和57年)の滋賀県知事選挙の武村正義以来、23年ぶりであった[6]。2015年(平成27年)はこのほか、岩手県知事選挙も達増拓也が無投票で当選した[7]。


2019年8月、同年11月に予定される高知県知事選挙には立候補せず、次期衆議院議員選挙に高知2区から立候補する意向が報道された[8]。


2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、前回小選挙区で当選した立憲民主党前職の広田一を大差で破り、初当選した。


年譜


コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page