google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 寺田稔君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

寺田 稔(てらだ みのる、1958年(昭和33年)1月24日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)。宏池会所属。池田勇人は義理の祖父に当たる。


自民党国防部会長、自民党国会対策副委員長、自民党副幹事長、内閣府副大臣兼復興副大臣(第2次安倍内閣)、衆議院安全保障委員長、総務副大臣兼内閣府副大臣(第4次安倍第2次改造内閣)を歴任した。



来歴

生い立ちから官僚時代まで

Question book-4.svg

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: "寺田稔" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年11月)

広島県広島市生まれ。広島大学附属中学校・高等学校、東京大学法学部第2類(公法コース。雄川ゼミ、加藤ゼミ)卒業。1980年、大蔵省へ入省。主計局に配属される。入省同期に高橋洋一、岸本周平、後藤茂之、枝廣直幹、佐藤慎一、稲垣光隆、林信光、山崎達雄(元財務官、国際局長、国際局次長)、森信親(金融庁長官)、西村善嗣(東京国税局長、国税庁次長)ら23人がいる。


1982年からハーバード大学ケネディースクールへ留学し、1984年に公共政策修士号(MPP)を取得[2][3]。帰国後は、国際金融局係長や長浜税務署長、在ワシントン日本大使館書記官、大臣官房文書課広報室長、徳島県総務部長、財務省主計局主計官(内閣、司法・警察、財務係担当)、主計局主計官(防衛係担当)、内閣府政策統括官付参事官(経済財政担当)を歴任する[4]。財務省防衛担当主計官時代の2002年に「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の建設に尽力した[5]。


国会議員

2004年に妻の義理の叔父にあたる池田行彦の死去に伴い財務省を退官し、行彦の選出選挙区である広島5区の衆議院議員補欠選挙に自由民主党公認で出馬し、民主党の三谷光男らを破り初当選した。


当選後は、義理の祖父にあたる元内閣総理大臣の池田勇人が設立した宏池会に入会。


2005年の第44回衆議院議員総選挙で、広島5区で再選(三谷も比例復活)。2007年に発足した第1次安倍改造内閣で防衛大臣政務官に任命され、福田康夫内閣で再任。


2009年の第45回衆議院議員総選挙で、広島5区で三谷に敗れ比例復活もならず落選。


2012年の第46回衆議院議員総選挙で、三谷に比例復活も許さず3期目の当選。選挙後に発足した第2次安倍内閣で内閣府副大臣兼復興副大臣に就任する。2013年10月の内閣及び自民党役員人事で党副幹事長に就任する。2014年10月の自民党役員人事で党国会対策副委員長に就任する。


2014年の第47回衆議院議員総選挙で、4期目の当選[6]。2014年の第186回国会で、大臣、副大臣、政務官、補佐官、議長、副議長、委員長、の要職に就かず、質問、議員立法、質問主意書、を提出していない[7][8]と指摘された。


2016年8月の自民党役員人事で党国防部会長[9]に就任する。


2017年の第48回衆議院議員総選挙で、5期目の当選[10]。


2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣で総務副大臣兼内閣府副大臣に就任[11]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選。


2021年12月3日、第2次岸田内閣で内閣総理大臣補佐官(国家安全保障に関する重要政策及び核軍縮・不拡散問題担当)に就任[12][13]。また岸田文雄が内閣総理大臣・自由民主党総裁に就いたために自由民主党広島県支部連合会会長を退くことになり、その後任会長に寺田が推挙され、年内に正式就任する運びとなっている[14]。


政策

大宏池会構想論者[15]であり、2013年から2014年の一時期は宏池会に加えて為公会にも参加していた[16]が2014年7月ごろに退会し、宏池会のみの所属となった[要出典]。

原爆議員懇の代表世話人であり、被爆者救済に取り組んでいる[17]。

新聞アンケートへの回答

選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば反対[18]。(2014年衆院選朝日新聞)

女性宮家の創設に反対[19]。(2012年衆院選毎日新聞)

集団的自衛権の行使について「我が国の安全保障のために必要な範囲、また、我が国国民の生命を守るために必要な範囲において集団的自衛権の行使を限定的に認めるべきだ。」としている[20]。

人物

テニス、ウォーキング、読書、カラオケ、スポーツ観戦を趣味とし、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ両チームのファンを公言している[21]。

日中国会議員書画展へ書画を提供[22]している。

報道

総務副大臣在任中の2020年9月に、NTT側に費用負担させて会食を行っていたことが、2021年3月10日に週刊文春で報道された[23][24]。


所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[25]

日本会議国会議員懇談会[26]

神道政治連盟国会議員懇談会[26]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[26][27]

朝鮮通信使交流議員の会(幹事)

国際連帯税創設を求める議員連盟

TPP交渉における国益を守り抜く会

原爆症認定を早期に実現するための議員懇談会(発起人・代表世話人)[21]

広島県相撲連盟(2009年より会長[28][21])

呉ライオンズクラブ(理事)[21]

呉市太極拳協会(会長)

広島県ボウリング連盟(会長)



コメントお願いします。

0件のコメント

Commentaires


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page