google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 大串正樹君の通信簿

衆議院議員を評価(右をクリック) → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

大串 正樹(おおぐし まさき、1966年1月20日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、経済産業大臣政務官(第3次安倍第2次改造内閣・第3次安倍第3次改造内閣・第4次安倍内閣)。


来歴

兵庫県西宮市生まれ(現住所は伊丹市北本町1丁目[2])[3]。報徳学園高等学校、東北大学工学部卒業[4]。1991年、東北大学大学院工学研究科で修士課程を修了し、石川島播磨重工業(現IHI)に入社[4]。1996年、松下政経塾に入塾(17期生)[4]。2003年、北陸先端科学技術大学院大学で博士課程を修了し、同年より北陸先端科学技術大学院大学助教[4]。2008年、西武文理大学サービス経営学部・看護学部准教授に着任し、2011年より同大看護学部客員教授[4]。


2012年の第46回衆議院議員総選挙に自由民主党公認で兵庫6区から出馬し、民主党前職の市村浩一郎らを破り初当選した[3]。2014年の第47回衆議院議員総選挙では、民主党から立候補した元参議院議員の辻泰弘、次世代の党前職の杉田水脈らを兵庫6区で破り、再選[5]。


2017年4月18日、重婚や不倫等の女性問題が報じられ辞任した中川俊直の後任の経済産業大臣政務官に任命され[6][7]、第3次安倍第3次改造内閣で留任[8]。同年の第48回衆議院議員総選挙では、日本維新の会に鞍替えした市村浩一郎や立憲民主党新人の桜井周らを破り、兵庫6区で3選(桜井は比例復活)[9]。選挙後に発足した第4次安倍内閣で経済産業大臣政務官に再任[10]。


2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で前回下した維新の市村に惜敗[注 1] したが、比例近畿ブロックで復活し4選[11][12]。


政策・主張

第9条を含む日本国憲法の改正に賛成[13]。

憲法への緊急事態条項の創設に賛成[13]。

参議院議員通常選挙で隣接する県を一つの選挙区にする「合区」をなくすための憲法改正に反対[13]。

原子力発電について、日本に「必要だ」としている[13]。

カジノの解禁に賛成[13]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としており、非核三原則の「持ち込ませず」の部分についても「議論する必要はない」としている[13]。

女性宮家の創設に賛成[13]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[14]

神道政治連盟国会議員懇談会

優れた医療機器を国民に迅速かつ安全に届ける議員連盟

日本の歯科技術が世界を救う勉強会

自動車議員連盟

ロボット政策推進議員連盟

キャリア教育推進議員連盟

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会



コメントお願いします。

0件のコメント

コメント


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page