google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 和田有一朗君の通信簿

プロフィール


(以下、ウキペディア引用)

和田 有一朗(わだ ゆういちろう、1964年(昭和39年)10月23日 - )は、日本の政治家。日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。神戸市会議員(2期)、兵庫県議会議員(5期)を務めた。


来歴

神戸市灘区出身。兵庫県立神戸高等学校、早稲田大学卒業、神戸市外国語大学大学院修了。衆議院議員秘書を経て1999年より神戸市会議員を2期務めた。市議時代は自由民主党に所属した[2]。その後、2005年7月の兵庫県議会議員補欠選挙に当選。2014年11月22日、第47回衆議院議員総選挙に兵庫3区から立候補する意向を表明。当初は無所属で立候補するとしていた[3]が、最終的に次世代の党の公認を得た。総選挙では自民党の関芳弘に敗れ落選。翌2015年に県議に復帰。県議は通算5期務めた[4]。


2020年11月12日、次期衆院選に日本維新の会から立候補する意向を表明[5]。その後県議会の自民党会派から維新会派に移籍した[6]。2021年10月の第49回衆議院議員総選挙では関に9,000票差で敗れるも、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活し、初当選[7][8][9]。


活動

尖閣諸島魚釣島上陸

「日本人活動家尖閣諸島上陸事件#2012年8月19日の尖閣諸島上陸」も参照

2012年8月19日、鈴木章浩東京都議会議員や和田ら10名が尖閣諸島魚釣島に上陸。同島は政府が一般人の上陸を禁じていることから翌20日に沖縄県警察から任意で事情を聞かれた。和田は「軽犯罪法違反に問うこと自体がおかしい」と述べ、最終的に立件は見送られた[10][11]。


灘中の歴史教科書採用を巡る問い合わせ

2016年度から灘中学校が採用した歴史教科書を巡り、自民党の盛山正仁衆議院議員や和田が「なぜあの教科書を採用したのか」などの問い合わせを行っていた。同教科書は他社で記述がない慰安婦問題に言及し、1993年に河野洋平官房長官(当時)が元慰安婦へのおわびと反省を表明した「河野談話」を掲載。「軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような資料は発見されていない」という現在の政府見解も注記していた。この問い合わせを受けたことに対し灘中の和田孫博校長は「政治的圧力だと感じざるを得ない」などと記していたが、和田有一朗は「私立学校の特色ある教育は理解しており、圧力などではない」と述べた[12][13]。



コメントお願いします。

0件のコメント

Comentarios


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page