google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 吉田豊史君の通信簿

プロフィー

(以下、ウキペディア引用)

吉田 豊史(よしだ とよふみ、1970年4月10日 - )は、日本の政治家、実業家。富山維新の会(日本維新の会富山県総支部)代表。衆議院議員(2期)、富山県議会議員(2期)などを務めた。


来歴

富山県富山市石金生まれ(現在は富山市西長江に在住[3])。父親は自由民主党所属の元富山県議会議員の吉田良三。伯父の吉田清治も自民党所属の元富山県議会議員であった[4][5]。


富山市立東部小学校、富山大学教育学部附属中学校(富山大学人間発達科学部附属中学校)、富山県立富山中部高等学校、早稲田大学法学部卒業。大学卒業後の1993年に富山へ戻り、硝子メーカーへ就職。1999年に有限会社を設立し、喫茶店、豆腐製造業を経営[6]。


2007年、富山県議会議員を3期務めた父・吉田良三[7]の地盤を引き継ぎ、富山県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、当選した[8]。2011年の富山県議会議員選挙で再選後、自民党会派を離脱して一人会派「自由民主党県議会立政会」を立ち上げた。


2012年11月21日、同年12月の第46回衆議院議員総選挙に富山1区から出馬するため、富山県議会議員を任期途中で辞職した。自民党の公認を得られなかったため離党し、無所属(日本維新の会・みんなの党推薦)で出馬するも[9]、自民党新人の田畑裕明に敗れ、3位で落選した。


2014年12月の第47回衆議院議員総選挙では、富山1区から維新の党公認で出馬し、再び田畑に敗れるも、比例復活で初当選した(惜敗率56.001%)[10]。


2015年10月23日、維新の党の分裂に際して同党に離党届を提出し、無所属となった[11][12]。その後はおおさか維新の会(後に日本維新の会に党名変更)との連携を強化し[13]、2016年5月31日の安倍内閣不信任決議案の採決では同党と同じく反対に回り[14]、7月13日には同党へ入党する意向が報じられた[15]。7月26日、おおさか維新の会に入党届を提出し[16][17]、同日付けで入党を了承された[18]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙に、日本維新の会公認と希望の党推薦を受けて富山1区から出馬するも落選[19][20]。


2018年1月30日、日本維新の会衆院富山1区支部長に再任されたことが発表された[21]。


2020年12月12日、2021年4月に行われる富山市長選挙への立候補を表明した[22][23]。投開票の結果元県議の藤井裕久に敗れ落選[24]。


2021年8月、次期衆議院議員総選挙の日本維新の会の富山1区の公認候補となった[25]。10月31日に行われた第49回衆議院議員総選挙で小選挙区では自民党の田畑裕明に敗れたが、比例で復活当選を果たし、4年ぶりに国政に復帰した[26]。


政策

憲法9条の改正に反対[27]。

軽減税率導入に反対[27]。

河野談話・村山談話の見直しに反対[27]。

沖縄県の在日米軍基地の地元誘致に賛成[27]。

カジノ解禁に賛成[27]。

靖国神社参拝に反対[27]。

原子力発電による電力供給に反対[27]。

選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらかといえば賛成」としている[28]。


コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事