google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 吉田宣弘君の通信簿

プロフィー


(以下、ウキペディア引用)

吉田 宣弘(よしだ のぶひろ、1967年12月8日 - )は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員(3期)。前・福岡県議会議員(1期)。


経歴

熊本県荒尾市生まれ。父親は警察官だった[2]。熊本市立尾ノ上小学校、山鹿市立山鹿中学校卒業。1986年3月、熊本県立玉名高等学校卒業。1992年3月、九州大学法学部卒業。1993年10月、福岡県大牟田市役所に入所。3年半で同市役所を退職。2004年6月、株式会社三井三池製作所に入社。2007年2月、参議院議員の木庭健太郎の秘書となる。6年勤めたあと、参議院議員の西田実仁の秘書となった[2][3]。


2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で公明党から比例九州ブロック(単独4位)に立候補し、初当選[4]。


2017年(平成29年)、第48回衆議院議員総選挙で公明党から比例九州ブロック(単独4位)に立候補するも次点で落選[5]。


2019年(平成31年)、福岡県議会議員選挙に久留米市選挙区から立候補し、当選した[6]。


2021年(令和3年)、衆議院比例九州ブロック選出の遠山清彦が辞職したことに伴い、欠員補充の選挙会が2月9日に行われ、吉田の繰り上げ当選を決定し、官報公示された[7]。吉田は同日付で福岡県議会議員を辞職し、当選決定を受け入れた[8]。同年、第49回衆議院議員総選挙で公明党から比例九州ブロック(単独2位)に立候補し、3選。


政策・主張

選択的夫婦別姓制度導入について、「結婚したら夫婦同姓か夫婦別姓を自由に選べるようにすべき」としている[9]。

集団的自衛権の行使に反対。

アベノミクスを評価する。

軽減税率を導入するべき。

原発は日本に必要ない。

村山談話、河野談話を見直すべきでない。

ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成[10]。

人物

喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」に所属している[11]。

不祥事

東京地検特捜部は2021年8月4日、公明党の吉田、太田昌孝の議員会館事務所に家宅捜索に入った。 容疑は両議員の元秘書2人が登録貸金業者となっていないにもかかわらず、政府系金融機関と融資先の仲介業務に関与した貸金業法違反。2人の元秘書は仲介業務で多額の報酬を得ていたとされる[12]。 貸金業法違反の疑いがある2人は、遠山清彦が衆院議員時代に秘書を務めていた。遠山の議員辞職後、2人は吉田、太田の秘書になっていた。


所属団体・議員連盟

もくもく会[11]



コメントお願いします。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事