google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 八木哲也君の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

八木 哲也(やぎ てつや、1947年8月10日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(4期)。


愛知県豊田市議会議員(4期)、愛知県豊田市議会議長(第54代)、愛知県豊田市監査委員、環境大臣政務官などを歴任した。


来歴

生い立ち

愛知県西加茂郡高橋村に生まれる(現在は豊田市高橋町に在住[3][4])。父親は豊田市議会議員だった[5]。高橋村立高橋中学校(現・豊田市立高橋中学校)卒業[6]。愛知県立豊田西高等学校卒業[7]。上京し中央大学に入学し、理工学部の管理工学科にて学んだ[8]。1972年に中央大学を卒業し[8]、その後はインドの各地を放浪する生活を送る[9]。しかし、寄生虫に寄生されるなど、苛酷な生活を送る[9]。1974年、小島プレス工業に入社。1998年に退職[8]。


政治家として

1999年の豊田市議会議員選挙で初当選[8][9]。4期務め、その間に議長にも就任した[10][11]。また、豊田市の監査委員なども務めた[8]。議会での会派としては自民クラブ議員団に所属し、幹事長や団長などを歴任した[8]。


2012年の第46回衆議院議員総選挙に愛知11区から自由民主党公認で出馬した[8]。小選挙区では民主党の古本伸一郎に敗れたが、比例東海ブロックで復活して初当選した。この総選挙で当選した頭髪の薄い新人議員を集めて「日本を明るくする会」を結成し、その会長に就任[12]。衆議院副議長などを歴任した衛藤征士郎を相談役に招聘した[13]。


2014年の第47回衆議院議員総選挙にて、愛知11区から出馬。小選挙区では再び古本に敗れたが、比例復活で再選[14]。2017年の第48回衆議院議員総選挙にて、小選挙区でまたも古本に敗れたが、比例復活で3選[15]。


2020年10月、次期衆議院議員総選挙に出馬せず引退する意向を示したが[16]、2021年5月には後継候補の擁立が決まらず、支援者や地方議員からの要望を受け引退を撤回し出馬する意向を示した[17]。一方、長年、選挙区で対立候補として争ってきた古本も支援母体であるトヨタ系労働組合の方針転換を受けて出馬を断念[18]。同年10月に行われた第49回衆議院議員総選挙では、八木は共産党の候補に大差をつけ、初めて小選挙区で勝利した。


政策・主張

平成の大合併

平成の大合併には賛成の立場をとり、豊田市議会議員として、豊田市と周辺町村の合併を働きかけた[8][9]。豊田市と周辺町村の地方議会議員による意見交換の場を設け、合併の必要性を主張した[8][9]。


日本を明るくする会

第46回衆議院議員総選挙では、自身を含め多くの者が初当選を果たした。これらの新人議員同士で互いに情報交換できる場が必要だと感じたことから、日本を明るくする会の結成に繋がることになった[12]。最初の会合では参加者が5名しか集まらなかったが、その中で最も年上だったという理由で会長に就任した[12]。また、会の名称の由来も、この5名の頭髪の状況がたまたま偶然にも一致していたことから、それに因んだものである[12]。「当選を重ね、重責を担うポストに就き、実績と経験を積んでいって初めて、日本を明るくできる。応援演説にお互いが出向いたりして、助け合っていきたい」[13]と主張しており、従来の派閥の互助会的な機能も果たそうと試みている[12]。自身の街頭演説においても、「日本を明るくする会」と書かれた幟旗を立てている[13]。


選択的夫婦別姓

選択的夫婦別姓制度の導入に反対[19]。


受動喫煙問題

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正案に反対している。2017年3月8日にはもくもく会の会長として会員各位に文書を配布し、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた受動喫煙対策として分煙対策を柱とする法律案を推進することを呼びかけた[20]。


人物

喫煙者であり、超党派の愛煙家国会議員からなる議員連盟「もくもく会」の会長を務めている[21][22][23]。

趣味は陶芸である[8][9]。受賞経験もあり[9]、豊田工芸協会では顧問を務めている[8]。

主な所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[24]

もくもく会(会長)[21][22][23]


コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page