google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 井野俊郎君の政策/不祥事

国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

内閣を評価   →岸田内閣の通信簿

中央官庁を評価→中央官庁の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング

プロフィール

(以下、ウィキ引用)

○井野 俊郎(いの としろう、1980年1月8日 -

○弁護士。自由民主党所属の衆議院議員(4期)。元法務大臣政務官兼内閣府大臣政務官、元伊勢崎市議会議員(1期)。

○群馬県伊勢崎市生まれ。東京農業大学第二高等学校、明治大学法学部卒業。父は元県職員、母は元教員。座右の銘は経世済民。

○伊勢崎市にて井野法律事務所を開設。同年4月、伊勢崎市議会議員選挙初当選。

○2012年、伊勢崎市議会議員辞職。衆院選に群馬2区から自由民主党公認で出馬し、初当選。


【政策】

○幼稚園・保育所から大学までの教育無償化に賛成

○当面は歳出を抑えるのではなく、財政出動を行うべき:賛成

○時限的又は恒久的に消費税率を引き下げることにどちらかと言えば賛成

○国債は安定的に消化されており、財政赤字を心配する必要はない:賛成

○選択的夫婦別姓制度導入:どちらとも言えない

○外国人労働者の受け入れ推進:どちらかと言えば反対

○原子力規制委員会の審査に合格した原子力発電所の運転再開にどちらかと言えば賛成

○非核三原則を堅持することに賛成

○日本の防衛力を強化することに賛成

○憲法改正:賛成。(改正すべき項目として、戦争放棄と自衛隊、緊急事態条項、憲法改正の手続き。)

○「消費税の軽減税率を0%として全品目に適用すること」を掲げた『「令和の恐慌」回避のための50兆円規模の補正予算編成に関する提言』に賛同

【不祥事】

○2020年、昨年7月に公開した2018年分の資産補充報告書の訂正を届け出た。土地の固定資産税課税標準額を報告なしから875万円に改めた。


○衆院内閣委員会で毎日新聞が傍聴席から調査したところ、井野を含む8人(自民7人・立民1人[注 1])が審議とは関係のないスマホ画面や書籍を閲覧していたことを確認。


○政治献金「確定申告で取り戻す議員」の呆れる実態 “カネの抜け道”使う準備整えた39人実名公開(東洋経済オンライン・2021)

 政治家が自らの政治団体に寄付し、その還付申告によって自身の税金を取り戻す――。こうした耳を疑うようなカラクリが今もまかり通っている。租税特別措置法の“抜け道”を利用したもので、自分が代表を務める政党支部に寄付した政治家は、確定申告で寄附金控除を申請すれば、なんと、寄付額の約3割が戻ってくるのだ。これを利用して税金を取り戻そうとした衆参両院の議員は、与野党問わず、合計39人!調査報道グループ「フロントラインプレス」がすべての国会議員を対象(2015~2019年分)に調べ、“抜け道”利用の実態が初めて明らかになった。この中には現職大臣や著名な議員もいる。(中略)控除の対象額が多かった議員は、笹川博義氏(衆院・群馬3区、自由民主党)の4400万円、井野俊郎氏(衆院・群馬2区、自由民主党)の3650万円などと続いた。1000万円超の者も多い。(記事より)


【所属】

○自民党たばこ議員連盟

○ボーイスカウト振興国会議員連盟

○TPP交渉における国益を守り抜く会

○日本の未来を考える勉強会

○自民党青年局


【管理人コメント】

「4期目に突入し、大した実績もなく課税回避により私利私欲を満たす。なぜ政治家を続けていられるのか…。」


コメントお願いします。


国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

内閣を評価   →岸田内閣の通信簿

中央官庁を評価→中央官庁の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page