google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 中川康洋君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)


中川 康洋(なかがわ やすひろ、1968年2月12日 - )は、日本の政治家。公明党所属の衆議院議員(2期)。元三重県議会議員(2期)。


経歴

三重県四日市市出身の公明党三重県本部の代表。八郷地域育ちの地方政治家として市議会議員など歴任した。三重県立四日市南高等学校、創価大学法学部を経て、大森礼子参議院議員秘書、坂口力衆議院議員秘書(三重県の公明党地盤を継承)を務める。2003年(平成15年)の三重県四日市市議会議員選挙に公明党公認で立候補、初当選。2007年(平成19年)の三重県議会議員選挙(四日市市選挙区)に公明党公認で立候補、初当選。2011年(平成23年)に再選。


2014年(平成26年)、第47回衆議院議員総選挙で公明党から比例東海ブロック(単独3位)に出馬し、初当選[3]。


2017年(平成29年)、第48回衆議院議員総選挙で公明党から比例東海ブロック(単独3位)に出馬し、落選。


2021年(令和3年)、第49回衆議院議員総選挙で公明党から比例東海ブロック(単独3位)に出馬し、当選。4年ぶりに国政復帰となった。なお、この議席はれいわ新選組の候補者不足(候補者全員が供託金没収点未満)のよるもので、中川にとっては棚ぼた当選となった。


政策

アベノミクスを評価する。

軽減税率の導入に賛成。

村山談話・河野談話を見直すべきでない。

ヘイトスピーチを法律で規制することに賛成。[4]

コメントお願いします。

0件のコメント

コメント


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事