google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 三木圭恵君の通信簿

右をクリックして評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

三木 圭恵(みき けえ、1966年7月7日 - )は、日本の政治家。日本維新の会所属の衆議院議員(2期)。元兵庫県三田市議会議員(2期)。


経歴

兵庫県西宮市生まれ[3]。西宮市立鳴尾小学校、西宮市立学文中学校、兵庫県立西宮南高等学校卒業。1990年、関西大学社会学部を卒業し、大沢商会に入社。1992年、退社[4]。


2004年9月、三田市議会議員初当選。2010年5月19日、2期目の途中で辞職[5]。同年7月11日の第22回参議院議員通常選挙に、比例区からたちあがれ日本公認で出馬するが落選。


2012年、太陽の党を経て[6]日本維新の会に合流し同党兵庫県総支部代表代行。同年12月16日の第46回衆議院議員総選挙に、兵庫5区から日本維新の会公認で出馬。自由民主党の谷公一に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し初当選。党女性局長に就任した[7]。


2014年6月22日の日本維新の会分党に際しては、当初石原慎太郎共同代表の新党「次世代の党」に参加する意思を会執行部に届け出たが、同月24日に橋下徹共同代表の新党に参加先を変更する意思を表明、橋下グループ側にその旨書面を提出した[8]。代表代行を務めていた日本維新の会兵庫県総支部は石原共同代表の新党に参加する国会議員と橋下共同代表の新党に参加する国会議員とに分かれたことに伴い、一時的に事実上解散したが[9]、その後7月6日に清水貴之を代表として新体制で再編成され、三木は総務会長に就任した[10]。


同年9月に日本維新の会が結いの党と合併して維新の党が発足すると、同支部の体制は維新の党兵庫県総支部として引き継がれた[11]。


同年11月21日に衆議院が解散すると、民主党は梶原康弘の公認を取り消し[12]、第47回衆議院議員総選挙における兵庫5区の候補を三木にしぼることとなった[13]。しかし両党本部による頭越しの決定は連合兵庫などの反発を招き[14]、落選。自民前職の谷公一に対する惜敗率も54.6%と低く、比例区でも当選できなかった[15]。


2016年2月9日におおさか維新の会衆院兵庫5区支部長就任が発表され[16]、10月11日付で兵庫維新の会(日本維新の会兵庫県総支部)副代表就任が発表された[17]。12月13日、党の情勢調査から兵庫5区での当選は困難と判断され、衆院兵庫7区支部長へ鞍替えとなったことが発表された[18]。


2017年の第48回衆議院議員総選挙では自民党の山田賢司に敗れ、落選[19]。


2018年1月30日、日本維新の会衆院兵庫7区支部長就任が発表された[20]。


2021年10月31日の第49回衆議院総選挙で兵庫7区で山田賢司に惜敗したものの、比例近畿ブロック(定員28名)でトップ当選した。


政策・主張

憲法改正に賛成[21]。

集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直すことに賛成[21]。

日本の核武装について今後の国際情勢によっては検討すべきとしている[21]。

原子力規制委員会の新基準を満たした原発は再開すべきとしている[21]。

女性宮家の創設に反対[21]。

日本のTPP参加に賛成[21]。

選択的夫婦別姓制度導入に反対[22][23][24][25]。

愛国心や道徳心の育成[24][23]。

日教組によりズタズタにされた学校教育の再生に向け教育改革を推進[24][23]。

特定秘密保護法は日本に必要ではない[26]。

発言

所属する維新の会も政策のひとつに女性の活用を謳っているが、安倍政権の掲げる女性活用について、「安倍首相が”女性の活用”って言ってますが、あの言葉が、女性をすごいモノみたいに扱ってるようにしてて私は嫌なんです」と述べ反対した[24]。



コメントお願いします。

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page