google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

衆議院議員 塩谷立君の通信簿

右をクリックして衆議院議員を評価 → 衆議院議員の通信簿

プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

塩谷 立(しおのや りゅう、1950年2月18日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、自由民主党財務委員長。


文部科学大臣(第11代)、内閣官房副長官(福田康夫改造内閣)、自由民主党総務会長(第50代)、自由民主党選挙対策委員長(第5代)、自由民主党静岡県連会長、自民党たばこ議員連盟副会長等を歴任。


来歴

生い立ち

静岡県立静岡高等学校卒業後、米国カリフォルニアのアンバサダーカレッジに留学。帰国後、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業した[1]。


政治家として

Question book-4.svg

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: "塩谷立" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年11月)

1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧静岡3区から自由民主党公認で出馬し、初当選。1993年の第40回衆議院議員総選挙でも再選されたが、小選挙区制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では静岡8区で北脇保之(前浜松市長)に敗れ、落選。


1999年4月、北脇が浜松市長選挙に出馬するため衆議院議員を辞職し、それに伴う補欠選挙で鈴木康友(後に浜松市長に転身)を破り国政に復帰[1]。2000年の第42回衆議院議員総選挙では前回下した鈴木に敗れ再び落選するが、2003年の第43回衆議院議員総選挙で鈴木を僅差で当選[2]。2005年の第44回衆議院議員総選挙では鈴木に比例復活を許さず当選した[3]。


2008年8月に発足した福田改造内閣で内閣官房副長官に就任。同年9月、麻生内閣で文部科学大臣に就任した。2009年の第45回衆議院議員総選挙では、静岡8区で民主党新人の斉藤進に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、6選。同年9月、麻生内閣総辞職に伴い、文部科学大臣を退任した。


2009年9月より自民党静岡県連会長を務める[4]。(~2021/7/15)


2011年9月30日、自由民主党総務会長に就任。2012年の第46回衆議院議員総選挙で7選。2014年の第47回衆議院議員総選挙で8選[1]。


2017年8月3日、自由民主党選挙対策委員長に就任[5]。2017年の第48回衆議院議員総選挙で9選。


2020年11月19日、衆院永年在職25年表彰を受ける。


2021年の第49回衆議院議員総選挙で3度下してきた立憲民主党の源馬謙太郎に敗れ、比例復活で10選。


政策

憲法9条の改正と集団的自衛権の行使に賛成。

アベノミクスを評価する。

原発は日本に必要だ。

特定秘密保護法は日本に必要だ[6]。

選択的夫婦別姓制度導入に反対[7][8]



コメントお願いします。

0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page