google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

自民、村上誠一郎氏による安倍晋三「国賊」批判



村上氏による故安倍総理批判

自民の村上誠一郎・元行政改革担当相は、自民党に所属しているにも関わらず、かねてから故安倍晋三氏の国葬に反対してきた。


9月20日には記者に対して、

「(故安倍晋三元総理は)財政、金融、外交をぼろぼろにし、官僚機構まで壊した。国賊だ」

と激しく批判し、これが自民党内で問題になっている。



自民党内の対応

記事によれば、

〇安倍派「絶対に許さない」「除名だ」などと激怒する声が広がる。


〇茂木派「言い過ぎだ。内閣支持率も下がり厳しい中、党内の結束を乱すようなことは駄目だ」


〇党関係者によると、国賊発言は「党員の品位を汚す行為」に当たる可能性があるとして、幹事長権限で「党役職停止」処分とし、村上氏を総務会メンバーから外す案が浮上している。安倍派内には、より重い処分を求めて「党紀委員会で処分を検討すべきだ」(閣僚経験者)との意見もある。


〇国葬前のタイミングで処分に踏み切れば党内の動きに関心が集まる可能性もあり、執行部は対応を国葬後に先送りする考えだ。


結局、除名すべきだなど厳しい意見は出ているものの、国葬が終了するまでは何もしないようだ。


そもそも村上誠一郎とは

父は元衆議院議員の村上信二郎、衆議院の岡田克也は義弟、村上誠一郎はいわゆる2世議員だ。


自民党の掲げる政策のうち、9条改正、憲法への緊急事態条項創設、原発政策に反対。


また、集団的自衛権を含む安全保障法案成立に際しては「ナチスと同じ愚行を犯す」と断じ、特定秘密保護法の採決時は体調不良により退場している。


また、森友学園、加計学園問題では安倍総理の対応をもう批判し、まさに野党の如く振る舞ってきた。


つまり、生前から安倍総理が大嫌いなのだ。


今回の国葬に対する批判はその延長と言っていいだろう。


何はともあれ、政治家たるもの信念やポリシーの異なる党に所属するべきではない。速やかに離党し、最も自らの政策を実現出来そうな党に移るべきである。

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page