google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参院選候補者 生稲晃子君の政策/不祥事

2022参議院選挙候補者一覧→ 参議院議員選挙候補者一覧

国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング




経歴

●生稲 晃子(いくいな あきこ)、自民党の参議院議員(1期)

●生年月日1968年4月28日

●出身地:東京都小金井市、血液型 B型

●身長158 cm

●芸能界デビュー 1986年、所属グループ おニャン子クラブ、プロダクション尾木

●地元のジュニアサッカーチーム「小金井フットボールクラブ」に所属し、全国大会優勝した時のメンバー。

●小金井市立緑中学校→私立吉祥女子高等学校 → 恵泉女学園短期大学英文学科卒業。高校は芸能活動禁止であったが、生稲の成績が非常に優秀であったため、「トップの成績を維持すること」と「大学を受験する事」の2つを条件に芸能活動が特別に許可。

●おニャン子入りと大学受験

1986年6月、『夕やけニャンニャン』内のオーディションコーナーで合格し、1986年6月13日に、おニャン子クラブの会員番号40番としてデビュー。10月、渡辺満里奈のデビュー曲「深呼吸して」で工藤静香と共に「with おニャン子クラブ」としてバックコーラスで参加。11月1日、おニャン子クラブの6枚目のシングル「恋はくえすちょん」で、フロント4人の中に入る。12月、ローソンのからあげクンのCMに単独で出演。おニャン子クラブ4枚目のアルバム『SIDE LINE』に収録されている「ハートに募金を」がBGMとして使用される(CM用に生稲のみのボーカルアレンジ)。


●高校での成績は優秀だったものの、芸能活動をしているという理由で大学入試の際に学校からの推薦が得られなかった。1987年になると、芸能活動を控え、『夕やけニャンニャン』にも約1ヶ月ほど出演せず受験勉強に専念した。1987年4月に恵泉女学園短期大学(英文学科)に入学。

●おニャン子解散後以降

もともと生稲は長く芸能活動を続ける意向は強くなく、将来的に堅実な学校教諭になる道を考えていた。そのため学業を疎かにせず、大学進学後も意欲的に講義を受けていた。「うしろ髪ひかれ隊」としての活動はおニャン子クラブの活動終了とともに終える青写真であり、生稲もその心積もりでいた。しかし、スタッフの「やめようと思っていたけど、売れたことだしこのまま続けるから」の一言で、1987年9月20日のおニャン子クラブ解散後も「うしろ髪」としての活動はしばし続行された。

●2006年からは芸能事務所・株式会社ポートレーブに所属。家事の都合や子育てに支障が出ないスケジュールを組んでもらい、主に女優やレポーターなどの仕事を中心にしている。近年は、夫婦で鉄板焼き屋を経営し、生稲も時間がある時には女将として店に出ている。


●がんとの闘い

2011年3月、42歳の時にがん発覚。4月28日、43歳の誕生日に乳がんの告知を受ける。(正式な告知を受けたのは2011年4月28日)。5月6日に腫瘍のある部分を切除する乳房温存手術を受け、放射線照射と薬による治療を続けた。2012年の夏、再発が判明。がんのできた部分を切除する再手術を受ける。2013年10月に3度目の切除手術、同年12月27日に右胸の全摘手術を受けた。2015年10月27日、右乳房の再建手術を受ける。同年11月、自らのがんを公表。


2016年9月に「働き方改革実現会議」の有識者委員に選出される[19]。


●実業家として

2022年4月21日、全国で美容院・美容室・ヘアサロンを展開する株式会社田谷から、生稲が社外取締役に就任する予定が発表された。


●参議院選挙へ出馬

2022年4月6日、第26回参議院議員通常選挙に、自由民主党の公認を受け、東京都選挙区より出馬・当選。


政策・主張

●憲法改正:「賛成」

9条への自衛隊の明記について、2022年のNHK、日本テレビのアンケートで「賛成」と回答。

憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2022年のNHKのアンケートで「賛成」と回答。

●敵基地攻撃能力:「賛成」

●普天間基地の辺野古移設:「賛成」

●同性婚を可能とする法改正:「反対」

●アベノミクス:「当面は継続すべきだ」


ツイッター

誰もが働きやすい国へ全力で。仕事と健康を両立できる日本をつくります!自民党東京選挙区参議院議員候補/厚生労働省 がん対策推進企業アクション/内閣府 DV等被害者の民間シェルター等への支援検討会/働き方改革実現会議 民間議員/ 心理カウンセラー/認知行動療法士/ おニャン子クラブ 会員番号40番


不祥事

●生稲晃子が抱える1千万円訴訟トラブル 請求額が4千万円ほどに増加する可能性も




管理人コメント

「芸能人くずれで金銭問題のある人間を政治家にしようとするのマジで止めて。どう考えてもまともな活動をするとは思えない」

0件のコメント