google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 高木かおり君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール



(以下、ウキペディア引用)

高木 佳保里(たかぎ かおり、1972年(昭和47年)10月10日 - )は、日本の政治家。日本維新の会所属の参議院議員(1期)。元堺市議会議員(2期)。父は和歌山大学元学長の小田章[1](2010年の和歌山市長選では落選)。


来歴

大阪府堺市の泉北ニュータウンに生まれる[2]。大阪府立三国丘高等学校卒業。京都女子大学家政学部卒業後、三菱信託銀行に入行[2]。


2011年、堺市議会議員選挙に自由民主党(自民党)公認で南区選挙区から出馬し、初当選した[3]。2015年、堺市議に再選[4]。


2016年2月5日、「政治信条の違い」を理由に、自民党に離党届を提出した[5]。


同年5月、かつて自民党大阪府連や竹山修身堺市長に歩調を合わせ、大阪維新の会主導の大阪都構想に反対していた立場を転換[6]。おおさか維新の会が第24回参議院議員通常選挙を見据えて実施していた、浅田均に次ぐ2人目の大阪府選挙区(定数4)の候補者公募に応募[7]。6月4日、おおさか維新の会公認で第24回参議院議員通常選挙にから出馬する意向を表明し、堺市議を辞職した[8][9]。


自民党時代の敵対関係にあった維新からの出馬について、「大阪を変えられるのはおおさか維新の政策だとの思いに至った。批判は覚悟の上で臨む」と述べ[10]、「古い政治はもういらない。新しい政治を動かしていく」[11]、「自民では改革が進まない」と古巣を批判し、教育無償化も繰り返し主張した[12]。


出馬表明は当選4候補者で最も遅かったものの、大阪維新の会の大阪市議(大阪市城東区選出の市議を除く[注 1])と堺市議と堺市南区選出の府議が選挙対策本部として支えた[13]。7月10日の投開票の結果、669,719票を獲得し、得票数4位で最下位ながら当選した[14]。


政策・主張

議員定数や公務員の人員や給与削減により、教育の無償化を行うよう主張している[15]。

平和安全法制について、「改正し、自衛隊の海外派遣をより制限すべきだ」としている[16]。

日本国憲法第9条の改正に反対だが、日本国憲法の改正には賛成している[16]。

日本国憲法への緊急事態条項の追加に反対[16]。

日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に賛成[16]。

沖縄県宜野湾市の普天間飛行場は、沖縄県内の別の場所に移設すべきとしている[16]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[16]。


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comments


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事