google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 青山健太君の政策/不祥事

2022参議院選挙候補者一覧→ 参議院議員選挙候補者一覧

国会議員の通信簿ホーム→ ホーム

国政政党を評価→国政政党の通信簿

衆院議員を評価→衆議院議員の通信簿

参院議員を評価→参議院議員の通信簿

他の議員を評価→その他議員の通信簿

ランキング  →国会議員ランキング



経歴

●青島 健太(あおしま けんた、1958年(昭和33年)4月7日 生 )、日本維新の政治家、参議院議員(1期)

●日本の元プロ野球選手(元ヤクルトスワローズ内野手)。野球解説者。スポーツライター、スポーツキャスター、鹿屋体育大学客員教授、流通経済大学客員教授、日本医療科学大学客員教授。日本クリケット協会理事、政治家。日本ペンクラブ会員。YouTuber。

●新潟県新潟市(現・同市中央区)八千代生まれ。5歳まで新潟市(現・西区)小針で過ごす。母親は同県西蒲原郡内野町(現・新潟市西区内野山手)にある本間医院の院長の娘。その後、6歳の時に家族(両親と妹[11])と共に埼玉県草加市にあった草加松原団地に転居。

●1974年、埼玉県立春日部高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科、大学卒業後は、社会人野球の東芝に進む。

●1984年のロサンゼルスオリンピックで日本代表メンバーに選ばれ地区予選には出場したが、松永怜一日本代表監督の方針で本選には出場できなかった。同年オフに、ドラフト外でヤクルトスワローズに入団。


(ヤクルト在籍時代)

●1985年5月11日の対阪神戦(神宮)で、工藤一彦からプロ野球史上20人目、セ・リーグ8人目[20]、ヤクルト初となる公式戦初打席初本塁打を放つ。同年は三塁手として9試合に先発出場を果たした。しかし木製バットへの順応が遅れた上、故障も相次ぐなどして一軍と二軍を行き来する日々が続いた。1987年には一軍に定着し自己最高の58試合に出場するが、打撃面では低迷。その後は出場機会がなく1989年を最後に現役引退。


(プロ引退後)

●1990年、オーストラリアビクトリア州ケラングで日本語教師を受け持つ。翌1991年に日本に帰国後はスポーツジャーナリストに転向。1992年頃に「Number」(文藝春秋)に掲載された「プロ野球をめざす少年たちよ、和式トイレを使え」でスポーツライターとしてデビューした。

●その後、執筆業の傍らTBSテレビ(2004年まで)・TBSラジオ・J SPORTSで野球解説者を務めるほか、スポーツニュースや早朝の情報番組の総合司会を務めた経験も持つ。また、スポーツ選手のトークショーやシンポジウムなどのMCを務めることも多い。


●2005年、日本野球連盟に加盟した社会人野球・クラブチームであるウェルネス魚沼(新潟県魚沼市)の監督に就任(その後、総監督に就任)。オーストラリア出身の選手を主体とするチーム編成で注目を集めたものの、春の都市対抗野球県予選で敗退して豪選手は全員帰国し、チームは事実上解散。同年7月、チームの運営方針を巡る意見の相違から総監督を辞任した。


埼玉県知事選出馬

●2019年6月5日、自民党埼玉県連は、青島に同年8月25日投開票予定の埼玉県知事選への立候補を要請する方針を固めた。が、元参議院議員の大野元裕に敗れ落選。


埼玉県知事選挙落選後

●2022年現在は引き続きスポーツライターとして再活動しながら、TBSラジオが2017年を以て野球中継から撤退して以来、TBSラジオ製作として裏送り分での野球解説者としても引き続き活動している。ヤクルトOB会副会長も務めている(2021年12月4日時点)。


参議院選挙に出馬

●2022年7月10日参議院選において、日本維新の会から比例代表で立候補し、当選。



政策

青島氏は自身のHPによれば、「『輝く埼玉』をめざして7つの全力投球!」をキャッチコピーとし、

・子供たちの明るい将来を最優先で考える県政実現に全力投球!

・いつまでも健康で安心して暮らせる社会実現に全力投球!

・中小企業・地域経済の活性化に全力投球!

・スポーツ、芸術、エンターテインメントの振興に全力投球!

・「強靭な県土づくり」防災・減災・防犯・安全対策に全力投球!

・すべての県民に寄り添う県政実現に全力投球!

・歴史や文化、緑豊かな埼玉の自然を守り、次世代へしっかりと引き継ぐことに全力投球!


を具体的な政策として掲げています。


不祥事

(日大悪質タックル問題に関する発言)

●日本大学アメフト部悪質タックル問題に関する内田正人前監督、井上奨コーチの緊急会見の内容について、2018年5月24日放送の情報番組において、擁護する意図はないが、と前置きしたうえで、「少し光のようなもの、あるいは救いもあった」旨や、「彼ら(内田氏と井上コーチ)がスポーツマンの立ち位置でやってるということは疑わないで見て行きたい」と、他の出演者とは一線を画し、監督やコーチの回答や心情に一定の理解を示す発言をした。2か月後の7月5日、日大アメフト部新指導陣の選考委員会委員に日本大学より選出された。


管理人コメント

「元スポーツ選手、ライター、ジャーナリストとしての経歴をもちつつ、埼玉県知事に立候補したりと経験は豊富の様だ。他方で日大のタックル事件においてこれを擁護しその2ヵ月後に日大の推薦に天下りをするなど黒い部分もある。個人的には期待できないと思っている。」