google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 関口昌一君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

関口 昌一(せきぐち まさかず、1953年(昭和28年)6月4日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(4期)、自由民主党参議院議員会長(第30代)。元埼玉県議会議員(3期)。


父は参議院議員、埼玉県歯科医師会会長を務めた関口恵造。



略歴

Question book-4.svg

この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。

出典検索?: "関口昌一" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2015年9月)

埼玉県秩父郡皆野町出身。日本大学豊山高等学校、城西歯科大学(現:明海大学)歯学部卒業。大学卒業後、出身地の秩父郡皆野町で歯科医院を開業[2]。


埼玉県議会議員

1995年(平成7年)、埼玉県議会議員選挙に自由民主党公認で出馬し、初当選。以後3回連続当選。


参議院議員

2003年(平成15年)、翌2004年(平成16年)の第20回参議院議員通常選挙に埼玉県選挙区から出馬する意向を表明。しかし、その直後に浜田卓二郎参議院議員が埼玉県知事選挙への出馬を表明し議員辞職したため[要出典]、同年10月26日に行われた補欠選挙に出馬[3]。民主党公認の島田智哉子、共産党公認の阿部幸代ら2人の候補者を破り、当選。


2004年(平成16年)、第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、再選。


2006年(平成18年)、安倍内閣で外務大臣政務官に就任[4]。


2010年(平成22年)、第22回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、同区トップで[要出典]3選。


2013年(平成25年)、第2次安倍内閣で総務副大臣兼内閣府副大臣に就任( - 2014年9月)。


2016年(平成28年)、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で埼玉県選挙区から出馬し、トップで4選。


2017年(平成29年)、自民党参院国会対策委員長に就任[5]。


2019年(令和元年)、自民党参院会長に就任[6]。


政策・主張

在日外国人への地方選挙権付与に反対[7]。

選択的夫婦別姓制度の導入について、2010年の毎日新聞の調査では反対[7]、としていた。2016年の朝日新聞の調査では、「どちらとも言えない」としている[8]。

献金問題

日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、関口の自民党埼玉県参院選挙区第四支部が2004年10月6日に受けた2000万円の支給が、迂回献金ではないかとの批判を受けた[9]。

所属団体・議員連盟

神道政治連盟国会議員懇談会[10]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[10]

創生「日本」[10]



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page