google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 進藤金日子君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

進藤 金日子(しんどう かねひこ、男性、1963年7月7日 - )は、日本の政治家、農林水産官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)。


総務大臣政務官兼内閣府大臣政務官、全国土地改良政治連盟顧問などを歴任した[1]。


経歴

秋田県協和町(現:大仙市)船岡出身。現在は千葉県在住。農家の家に4人兄弟の次男として産まれる。「金日子」の名前は町議も務めた父親が雷が鳴った時に産まれた子供の名前には「金」の字をつけるという習わしと、7月7日の七夕の日に産まれたことから「彦」の字をつけ、「金彦」としようとしたがどちらの字も「剛」であることから、農家にとって重要な「日」と位の高い人物につける字である「子」を合わせたという[2]。


1970年、協和町立船岡小学校(現在の大仙市立協和小学校)に入学。野球に没頭する傍ら児童会長も務め、進学した協和町立協和中学校(現在の大仙市立協和中学校)でも生徒会長を務めた。秋田経済大学附属高等学校(現在のノースアジア大学明桜高等学校)、岩手大学農学部農業土木学科に進学。下宿先の盛岡市で多くのアルバイトを経験した。3年時に三重県御浜町の東海農政局御浜開拓建設事業所で実習し、農林水産省入省を志す[2]。


1986年、農水省九州農政局国営事業所入省。農政局での課長などを歴任して2014年に農村振興局中山間地域振興課長に就任。2015年6月に農水省を退職した。


7月29日、全国土地改良政治連盟は進藤を翌2016年の第24回参議院議員通常選挙に自由民主党比例区から組織内候補として擁立することを決定した[3]。全国土地改良政治連盟が組織内候補を擁立するのは小沢一郎幹事長が予算削減を打ち出した翌2010年に行われた第22回参議院議員通常選挙への擁立を見送って以来、9年ぶりのことである[4]。


選挙戦では、東北地方、関東地方、北陸地方を中心に22道県を回り、林土連懇話会、大日本猟友会、日本乳販政治連盟、全国漁業協同組合連合会全国会長会議、全国林業政治連盟(全国森林組合連合会の政治連盟)、日本林業経営者林政会(日本林業経営者協会の政治連盟)、全国木材産業政治連盟等の推薦も受け[5][6]、初当選を果たした[7]。


選挙後、志帥会(二階派)に入会した[8]。


2019年9月、第4次安倍第2次改造内閣で総務大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任[9]。


政策

参院選において、土地改良区整備事業を、強い農業を目指す産業政策の核であるとして、削減された予算の復活を訴えている。9年ぶりに土政連の組織内候補となった意義については、「政治で奪われた予算は政治で取り戻すしかない」としており、後継者不足や農水産物の価格低迷など複雑な農村の課題について専門知識を活用して貢献していきたいとしている[4]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[10]

日本の尊厳と国益を護る会

日本の未来を考える勉強会[11]

農村基盤整備議連(事務局長代理)

農業・農協研究会(事務局次長)

棚田振興議連(事務局長代理)

ファームステイ推進議連(事務局長)

捕鯨議連(事務局次長)

国際連合国際防災戦略事務局を支援する議連(事務局次長)

他約120の議員連盟に参加している[12]



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page