google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 足立敏之君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

足立 敏之(あだち としゆき、1954年5月20日 - )は、日本の政治家、国土交通官僚。自由民主党所属の参議院議員(1期)。


経歴

兵庫県西宮市出身、本籍京都府福知山市、現在は東京都在住。1973年和歌山県立桐蔭高等学校卒業。高校ではテニス部に所属した[1]。1977年京都大学工学部交通土木工学科卒。1979年、京都大学大学院修士課程修了。同年、建設省に入省し、2002年、内閣官房参事官に就任。近畿地方整備局企画部長(2003年)、河川局河川計画課長(2004年)四国地方整備局長(2007年)、水管理・国土保全局長(2012年)などを歴任し、2014年、国土交通技監。2015年、国土交通省を退職[2]。


河川計画課長時代には、平成16年台風第23号の経験から、緊急災害対策派遣隊の創設に携わっている[3]。


国交省出身で引退する脇雅史の建設産業における事実上の後継候補として日本建設業連合会、全国建設業協会、コンサルティングエンジニア連盟、全国中小建設業協会などの推薦を得て、第24回参議院議員通常選挙に出馬[4][5][6][7]。建設分野の職域代表としては過去最多の得票数となる29万3,735票を獲得して初当選した[8]。選挙戦では同じ自民党の比例区に名字が同じ読みの阿達雅志が立候補しており、間違えて投票されることのないよう、支援団体の中では「足で立つ 足立としゆき 役に立つ」という句が詠まれるなどした[9]。


政策・主張

選挙活動では、「建設産業再生」をスローガンに掲げており、当選後の日刊建設工業新聞のインタビューに対して「建設省、国土交通省で培った経験とノウハウを公共事業予算を確保する場面で生かしていきたい」として民国連立政権で削減された公共事業費を以前の水準に戻すことで、国民の安全・安心を守るインフラ整備に取り組む姿勢を示している。また、建設労働者の待遇改善や建設工事の単価引き上げに取り組む姿勢を示している[8]。

建設業界で実際に話を聞いた経験から、アベノミクスの効果は上がっているとし、堤防の強化や既存インフラの老朽化対策、耐震対策など国土強靭化を進めることにより、防災行政を推進していく考えを示している[3]。

日本禁煙学会が2016年の参院選に先駆けて行った受動喫煙防止法についての公開アンケートにおいて、レストランやバーを含む一般市民が出入りする場所について、禁煙とすべきか分煙とすべきかは「現時点で判断がつかない」として未回答としている[10]。

「消費税0%の検討」を掲げた『国民を守るための「真水100兆円」令和2年度第2次補正予算に向けた提言』に賛同している[11]。

所属団体・議員連盟

日本の未来を考える勉強会[12]

公共工事品質確保に関する議員連盟(事務局長代理)[13]


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

コメント


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page