google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 衛藤晟一君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

衛藤 晟一(えとう せいいち、1947年〈昭和22年〉10月1日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(3期)。


内閣府特命担当大臣、内閣総理大臣補佐官、衆議院議員(4期)を歴任。


来歴・人物

大分県大分市生まれ(現在は大分市上白木7丁目に在住[1])。大分市立碩田中学校、大分県立大分上野丘高等学校を経て、大分大学経済学部に入学[2]。大学在学中、別府大学の井脇ノブ子と共に九州学生自治体連絡協議会(のちの全国学生自治体連絡協議会)を結成。自身も大分大で保守派の「学生協議会」を率いた。朝日新聞によれば、全日本学生自治会総連合打倒を掲げた学園正常化運動であった[3]。


政治家として

1973年、大分市議会議員に当選。1979年には大分県議会議員に当選し、2期務めた。


1986年7月、第38回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。1990年2月、第39回衆議院議員総選挙に初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・塩谷立・細田博之・古屋圭司・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦など)。3期連続当選したが、2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では民主党の釘宮磐に敗れ、比例区でも復活できずに落選した。


2003年11月の第43回衆議院議員総選挙では無所属(民主党推薦)の吉良州司に敗れたが、比例九州ブロックで復活当選。2004年9月、厚生労働副大臣に就任。2005年7月5日の郵政国会では、郵政民営化に造反して反対票を投じたため、副大臣を罷免された[4]。同年9月11日の第44回衆議院議員総選挙では、自民党大分県連が衛藤の公認を申請していた[5] が、自民党本部は佐藤錬の公認を決定した[6]。衛藤は無所属で大分1区から出馬したが、民主党に入党していた吉良に再び敗れ落選。


2007年(平成19年)7月29日の第21回参議院議員通常選挙で比例区からの立候補を希望し、自民党に公認を申請したことが引き金となって前年末に続く郵政造反組復党問題が起こる。党内では前年末の「造反組議員」復党で内閣支持率が下がったことなどから根強い反対意見も有ったが、自民党党紀委員会では賛成10票、反対7票という異例の多数決となったが、復党が実現して比例代表候補となった[7]。


詳細は「郵政造反組復党問題#落選造反議員の参議院選挙出馬を巡る復党」を参照

地盤が狭い元衆議院議員が参議院比例区に立候補する場合、通常は地元の票固めを行う。しかし衛藤の支持層を比例区で取り込もうと考えていた公明党への配慮から、自民党本部は復党にあたって地元大分での選挙活動を認めないなどの厳しい制約を課した。衛藤は福岡県に選挙事務所を置こうとしたが、公明党はそれについても「九州内では意味がない」と反発したため、最終的に東京渋谷に選挙事務所を置くことになった[8]。2007年6月11日に東京で開かれた「えとうせいいち君を激励する会」では、文部科学大臣の伊吹文明や自民党幹事長の中川秀直、自民党政調会長の中川昭一などが支援を表明した[要出典]。地元大分で活動できない中[要出典]、202,314票を獲得して党内13位で当選。


2007年12月12日、参議院本会議において野党提出の郵政民営化凍結法案の採決で棄権したため、自民党参議院議員会長の尾辻秀久から厳重注意処分を受けた[9]。衛藤は「ボタンの押し忘れ」などと主張した[9]。


詳細は「日本郵政株式会社、郵便貯金銀行及び郵便保険会社の株式の処分の停止等に関する法律#概要」を参照

2008年(平成20年)4月14日、自民党大分県連により、県連復帰が承認された[10]。これに対して、公明党大分県本部代表で当時県議だった竹中万寿夫が同日の自民党県連年次大会出席を急遽取り止めた。竹中は衛藤の県連復帰により、「自公の信頼関係が崩れ、今後の自公協力が厳しくなる」と述べた[要出典]。


2010年(平成22年)1月、議員グループのぞみに参加。自民党障害者特別委員長を務める。2011年、自民党参議院幹事長代行に就任。2012年12月、第2次安倍内閣で内閣総理大臣補佐官(国政の重要課題担当)に就任。


2013年(平成25年)4月23日、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会の一員として靖国神社に参拝[11]。


同年7月21日、第23回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し204,404票を獲得して党内10位で再選。


2019年(令和元年)の任期満了時点で71歳であり、70歳定年制の党の規約があるにも関わらず、他の6人と一緒に第25回参議院議員通常選挙で特例公認された[12]。


同年9月11日に発足した第4次安倍第2次改造内閣で一億総活躍担当、領土問題担当、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、消費者及び食品安全、少子化対策、海洋政策)として初入閣。


2020年(令和2年)9月、自民党党紀委員長に就任。同年10月、自民党障害児者問題調査会長、少子化対策特別委員長[13]。


政策・主張

憲法9条の改正に賛成し、自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき[14]。

集団的自衛権の行使容認に賛成[14]。

総理や閣僚の靖国神社参拝は問題ない[14]。

婚外子の相続差別撤廃に反対し、2013年12月5日に可決された婚外子の相続分規定改正案に、自民党の党議拘束に反して賛成票を投じなかった[15]。

教育問題の一環として歴史教科書問題にも取り組んでいる。2004年10月、イギリスにおける歴史教科書問題を当時のサッチャー政権が教育基本法を改正することで「自虐偏向」を「正常化」したとされる事例を現地調査するための、与野党合同の「イギリス教育改革調査団」を設立。2005年4月に、PHP研究所から中西輝政監修、自民党幹事長代理(当時)の安倍晋三らと共著で『サッチャー改革に学ぶ教育正常化への道』を出版した。

慰安婦問題に関しては、1997年に結成された「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の幹事長に就任。存在肯定派と否定派の両派の有識者を招いて意見を聞く勉強会を主催した[要出典]。

鳩山由紀夫内閣の選択的夫婦別姓法案に反対した[16]。2021年にも地方議員に送っていた選択的夫婦別姓制度導入に反対する文書に名前を連ねていた[17]。

自社さ連立政権時代は与党福祉プロジェクトチームに所属し、介護保険法の成立に関わった。自自公連立政権時代には、「これからは、老夫婦を看る子供の数は3分の1に減り、介護期間は今の10倍になります。掛け算すると30倍の負担です。介護保険を辞めたら家族の美風は崩壊してしまいます」と述べ、厚生省が主張する"介護の社会化"に反対した[18]。

普天間基地の辺野古への移設に賛成[14](普天間基地移設問題参照)。

将来の年金給付水準が下がるのはやむをえない[14](マクロ経済スライド参照)。

原子力発電所は必要[14]。

死刑制度に賛成[14]。

女系天皇の誕生に反対(現存宮家が男の養子を迎える等を提案)[19]。

新元号(令和)の事前公表に反対[20]。

受動喫煙防止を目的とした健康増進法改正案に反対。

2003年に行われた公開アンケートにおいて、健康増進法を努力規定ではなく義務規定として受動喫煙防止を徹底することに反対している[21]。

2017年2月15日の厚生労働部会において、「病院や学校の敷地内完全禁煙はいかがなものか。分煙の例外規定も必要ではないか」「公道上の喫煙場所の確保も重要」「小規模店舗の選択式、分煙、略式禁煙も検討すべき」と主張した[22]。

言動

政治家となる前の活動

朝日新聞によれば、衛藤が参加した学生運動は、全日本学生自治会総連合打倒を掲げた学園正常化運動であったとされる[3]。


自民党外交部会における騒動

2011年5月24日、自民党本部で開かれた同党外交部会で、外務省アジア大洋州局審議官の北野充(当時)が横を向いて同僚と話した瞬間に激高し、「いい加減にしろ。本気で国益を守ろうと思っているのか」と叫んで、数メートル離れた場所からコップの水を浴びせ掛けた[23]。「自分が話している最中に横を向いていた」とのこと[24]。


学生時代の活動

朝日新聞では、学生時代に衛藤が、冷戦下で反共路線をとっていた頃の宗教団体「生長の家」で学生運動をしていた、と報じている[25][26]。


村山富市の首班指名をめぐって

1994年、羽田内閣の総辞職後の内閣総理大臣指名選挙について、総裁の河野洋平や幹事長の森喜朗が日本社会党委員長の村山富市を推したため、自民党両院議員総会は大いに紛糾した。しかし、旧大分1区[27]で村山と直接のライバル関係にある衛藤が涙ながらの「大演説」で賛意を表明したことから、議論の流れが大きく変わり、村山首班指名で決着した[28][29]。この後、自社さ連立政権が成立し、自民党は11か月ぶりに政権に復帰した。


参院選での選管による得票数不正操作事件

詳細は「参議院選白票水増し事件」を参照

2013年(平成25年)7月21日執行の第23回参議院議員通常選挙で、衛藤は比例区において、全国から20万4,000票以上を獲得し当選したが、香川県高松市においては衛藤の得票数ゼロという集計結果が出た。


この結果について、衛藤の支持団体の一つである香川県遺族連合会などは、開票ミスによるものであるとして、高松市選挙管理委員会に対し、票の再点検を求めていたが[30]、高松市選挙管理委員会は応じなかった。

その後、衛藤の支持者が高松地方検察庁へ告発し、同地検が捜査を進めた所、当時の高松市選挙管理委員会の選挙管理委員長ほか、当時の高松市職員3名が、集計済の白票約300票を再度白票として入力させ、後で見つかった衛藤の312票は集計せずにダンボールに梱包し[31]、8月になってからそれを無効票の箱に移し替え、その他にも、同年9月と2014年(平成26年)1月にも、2010年の第22回参議院議員通常選挙の投票用紙を無効票の箱に入れたり、白票に文字を書き込む[32] などの隠蔽工作が発覚し、同地検は2014年(平成26年)6月25日に、不正選挙で同3名(うち1名は定年退職済)を、公職選挙法違反(投票増減)の疑いで逮捕し[33]、7月15日に高松市の市職員6人を、公職選挙法違反と刑法の封印等破棄罪で起訴した。

衛藤は「信じられない。日本でそんな事が起こり得るのか