google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 舞立昇治君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

舞立 昇治(まいたち しょうじ、1975年8月13日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、自由民主党水産部会長。内閣府大臣政務官(第4次安倍改造内閣)。



経歴

1999年 - 東京大学経済学部卒業[2]

1999年 - 自治省(現:総務省)入省[2]

2001年 - 厚生労働省介護保険課

2003年 - 総務省市町村税課

2004年 - 総務省大臣官房企画課

2005年 - 山口県下関市財政部長

2007年 - 新潟県地域政策課長兼雪対策室長[2]

2009年 - 同財政課長

2011年 - 消防庁消防・救急課

2012年 - 総務省公営企業課兼準公営企業室[2]

2013年 - 第23回参議院議員通常選挙において鳥取県選挙区より自民党公認で初当選[2]。なお鳥取県選挙区は同選挙を最後に島根県選挙区と合区になるため同選挙区単独としては最後の当選者となった。

2015年7月24日 - 鳥取県と島根県の参議院合同選挙区(合区)による鳥取県・島根県選挙区を創設する公職選挙法改正案に反発し、「愛着のある県で暮らす人々の切実な声は一票の価値では推し量れない」として参議院本会議採決前に退席し棄権した[3][4]。

2016年 - 第24回参議院議員通常選挙において、鳥取県と島根県が合区となった余波で、鳥取県に選挙地盤を持つ候補(比例区[5] では自民党の竹内功と民進党の鎌谷一也と共産党の岡田正和、鳥取・島根選挙区では福嶋浩彦)が全員落選したことにより、舞立は鳥取県に選挙地盤を持つ唯一の参議院議員になっていた。

2018年10月 - 参議院平成研究会に参加した[6]。

2019年7月 - 第25回参議院議員通常選挙に新設された鳥取県・島根県選挙区より立候補。野党統一候補の元衆院議員中林佳子を破り再選[7]。

政策・主張

憲法9条を改正して自衛隊の役割や限界を明記すべき[8]。

集団的自衛権の行使に賛成[8]。

日本の核武装について、将来にわたって検討すべきでない[8]。

2014年4月に予定されていた消費税の8%への引き上げについて「引き上げるべきだが、時期は先送りすべき」と回答している[8]。

雇用の金銭解決制度導入に反対[8]。

首相の衆議院解散権について「今のままでよい」と回答している[9]。

韓国や中国との外交関係について「政府の今の外交方針でよい」と回答している[9]。

受動喫煙防止を目的に飲食店などの建物内を原則禁煙とする健康増進法改正に反対。

2017年3月7日の自民党たばこ議員連盟の臨時総会において、「分煙を進めていただきたい」「たばこ税の配分制度も見直してほしい。禁煙条例ある自治体から吸い上げ、他の自治体での分煙財源に充てて欲しい」と主張した[10]。

所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[11][12]

日本会議国会議員懇談会[13]

神道政治連盟国会議員懇談会[13]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会[13]

『日本未来図2030』(寄稿)、日経BP社・刊、2014年12月、ISBN 4822225194。

支援団体

全国たばこ販売政治連盟(組織推薦候補者)[11]

神道政治連盟[14]



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comentários


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事