google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 磯崎仁彦君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

磯﨑 仁彦(いそざき よしひこ、1957年9月8日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣官房副長官。


参議院環境委員長、内閣府副大臣兼経済産業副大臣、経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官、自由民主党副幹事長などを歴任。有用微生物利活用推進議員連盟、自民党たばこ議員連盟などに所属。


概要

香川県丸亀市出身。香川県立丸亀高等学校を経て、1983年(昭和58年)3月、東京大学法学部卒業。同年4月、全日本空輸に入社。大阪や本社で27年間勤務、2010年3月、CSR推進リスクマネジメント部長を最後に退社。同年、自民党香川県連の公募に一般人で唯一応募し、第22回参議院議員通常選挙の自民党公認候補予定者として選ばれる。 同年4月、自由民主党香川県参議院選挙区第1支部支部長に就任[1]。


2010年7月、第22回参議院議員通常選挙の香川県選挙区に自由民主党から出馬し、高松市副市長で無所属の岡内須美子を約4万5千票差で破り、初当選[2]。


2013年9月、経済産業大臣政務官兼内閣府大臣政務官に就任(2014年9月、退任)。


2014年9月、自由民主党副幹事長に就任(2015年12月、退任)。


2016年1月、参議院環境委員長に就任(2016年9月、退任)。


2016年7月、第24回参議院議員通常選挙で香川県選挙区から出馬し、日本共産党の田辺健一らをダブルスコア以上の大差をつけて破り、再選。


2016年8月、自民党環境部会長に就任[3]。


政策・主張

憲法改正に賛成[4][5]。

消費税の10%を超える増税に賛成[5]

戦前に日本軍が慰安婦を強制連行したとする主張に反対しており、米紙「慰安婦」否定意見広告にも賛同した[6]。

2010年のアンケートで、選択的夫婦別姓制度の導入に「反対」と回答[4]。

2021年1月30日、磯﨑ら自民党国会議員有志50人は、47都道府県議会議長のうち同党所属の約40人に、選択的夫婦別姓の導入に賛同する意見書を採択しないよう求める文書を郵送した。地方議員や市民団体は、地方議会の独立性を脅かす行為だとして磯﨑らを批判した[7][8][9][10][11]。

主な所属団体・議員連盟

自民党たばこ議員連盟[12]

みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会

日本の領土を守るため行動する議員連盟

ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟

日本の前途と歴史教育を考える議員の会

日本会議国会議員懇談会

親学推進議員連盟

神道政治連盟国会議員懇談会

TPP交渉における国益を守り抜く会

小規模企業税制確立議員連盟

有用微生物利活用推進議員連盟[13]

日本の尊厳と国益を護る会(幹事)[14]


コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事