google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 矢倉克夫君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

矢倉 克夫(やくら かつお、1975年〈昭和50年〉1月11日 - )は、日本の政治家。日本・アメリカ合衆国ニューヨーク州の弁護士。公明党所属の参議院議員(2期)。農林水産大臣政務官(第3次安倍第2次改造内閣)を務めた。


埼玉県さいたま市浦和区在住。妻との2人暮らし[1]。


来歴

東京大学法学部を卒業後、司法試験に合格[1][2][3][4]。弁護士として主に企業法務を担当し、様々な業界の企業再編に携わる。


アメリカ合衆国のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、中華人民共和国の復旦大学へ留学。現地法律事務所での実務経験も積み、2009年から2012年3月まで経済産業省に出向する。経済産業省では通商政策局通商機構部参事官補佐を歴任した[2][3]。


2013年7月、第23回参議院議員通常選挙に埼玉県選挙区から公明党公認・自民党推薦で出馬し、初当選を果たす。


2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、農林水産大臣政務官に就任[5]。


2019年7月、第25回参議院議員通常選挙に埼玉県選挙区から公明党公認・自民党推薦で出馬し、2回目の当選を果たす。


略歴

1975年 - 神奈川県横浜市に生まれる[3]

1987年 - 神奈川県横浜市立鴨志田緑小学校卒業

1990年 - 創価中学校卒業

1993年 - 創価高等学校卒業

1997年 - 東京大学法学部卒業[2]

1998年 - 司法試験合格

2000年 - 最高裁判所司法研修所修了(53期)

2000年 - アンダーソン・毛利法律事務所勤務(現:アンダーソン・毛利・友常法律事務所、2012年3月まで)[2][3]

2005年 - カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)法学修士課程修了[2][3][4]

2005年 - ホランド・アンド・ナイト法律事務所勤務(Holland & Knight、2006年6月まで)[2][3][4]

2007年 - 復旦大学中国語研修修了[3]

2007年 - キングアンドウッド法律事務所勤務(2007年8月まで)[2][3][4]

2009年 - 経済産業省出向(2012年3月まで)[2][3][4]

2013年 - 第23回参議院議員通常選挙において埼玉県選挙区より公明党公認・自民党推薦で出馬、初当選。

2014年 - 党法務部会 副部会長、党外交・安全保障部会 副部会長、文部科学部会 副部会長に就任。

2015年 - 党法務部会 部会長代理、党外交部会 副部会長、党決算・行政監視部会 副部会長、参議院国会対策副委員長、党再犯防止対策強化PT 事務局長に就任。

2016年 - 法務委員会 理事、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 理事に就任。第3次安倍第2次改造内閣で、農林水産大臣政務官に就任。

2017年 - 党参議院筆頭国会対策副委員長、議院運営委員会 理事、政府開発援助等に関する特別委員会 理事、党経済産業部会 部会長代理、党外交部会 副部会長、党農林水産部会 副部会長に就任。

2018年 - 党参議院政策審議会 副会長、党農林水産部会 副部会長に就任。

2019年 - 第25回参議院議員通常選挙において埼玉県選挙区より公明党公認・自民党推薦で出馬、再選。

現在の役職

公明党

党中央幹事

党参議院政策審議会副会長

党青年委員会委員長

党埼玉県本部副代表

党農林水産部会副部会長

党被災地復興支援福島担当

参議院

国土交通委員会

ODA特別委員会

憲法審査会

政策

選択的夫婦別姓導入に「賛成」としている[6]。

同性婚に「どちらかと言えば賛成」[6]。




コメントお願いします。




右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Commentaires


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page