google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 田名部匡代君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール

(以下、ウキペディア引用)

田名部 匡代(たなぶ まさよ、1969年7月10日 - )は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員(1期)。立憲民主党執行役員・つながる本部長代行、同党青森県連共同代表[1]。


衆議院議員(3期)、農林水産大臣政務官(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、参議院国土交通委員長、民進党参議院政策審議会長、旧国民民主党副代表、立憲民主党常任幹事会議長などを歴任した。


父は農林水産大臣、参議院議員、衆議院議員、無所属の会代表等を歴任した田名部匡省。


来歴

青森県八戸市生まれ。八戸市立吹上小学校、八戸市立第一中学校、青森県立八戸東高等学校、玉川学園女子短期大学卒業。短大卒業後は父・田名部匡省の秘書を務める。


2000年、第42回衆議院議員総選挙に民主党公認で青森3区から出馬したが、自由民主党の大島理森に敗れ、重複立候補していた比例東北ブロックでも次点で落選した。2003年、日野市朗の死去により繰り上げ当選。同年の第43回衆議院議員総選挙に青森3区から民主党公認で出馬するが、再び自民党の大島に敗れ、比例東北ブロックでも惜敗率0.1%の僅差で落選した。


2005年の第44回衆議院議員総選挙では、前回に比べ青森3区での得票数は大島に大差をつけられるも、比例東北ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰。2009年の第45回衆議院議員総選挙では青森3区で大島を猛追し、一時は日本テレビが大島の選挙区落選を報じ大島自身も選挙事務所で支持者に対する「お詫び会見」を行うもこれは誤報であり、367票差で田名部が敗れ、比例復活により3選。


2010年9月、菅第1次改造内閣で農林水産大臣政務官に任命され、菅第2次改造内閣まで務めた。


2011年8月26日、菅直人首相が民主党代表辞任を正式に表明[2]。菅の辞任に伴う代表選挙(8月29日投開票)では鹿野道彦の推薦人に名を連ねた[3]。


2012年12月の第46回衆議院議員総選挙でも大島に敗れ、比例復活もならず落選。2014年12月の第47回衆議院議員総選挙でも大島に敗れ、比例復活もならず落選。


2016年7月の第24回参議院議員通常選挙に青森県選挙区から民進党公認の野党統一候補として立候補し[4]、山崎力に8052票差で当選[5]。


同年9月15日の民進党代表選挙では蓮舫の推薦人に名を連ね[6]、東北の民進党議員の票を取りまとめた[7]。


2017年9月、民進党参議院政策審議会長に就任した[8]。


2018年5月7日、民進党と希望の党の合流により結党された国民民主党に参加[9]。 5月8日、国民民主党の幹事長代理と参議院政策審議会長に就任した[10]。9月11日より党副代表[11]。


2019年10月4日、参議院国土交通委員長に就任[12]。


2020年8月23日、立憲民主党と国民民主党が解党して設立する合流新党への参加を表明した[13]。同年9月10日に行われた合流新党の代表選挙では泉健太の推薦人に名を連ねた[14]。10月24日、合流新党の「立憲民主党」青森県連の設立大会が開催され、田名部と元県議の山内崇が共同代表に就任した[1]。


2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙で立憲民主党は議席を「109」から「96」に減らし、11月2日、枝野幸男代表は引責辞任を表明[15]。枝野の辞任に伴う代表選挙(11月30日投開票)では泉健太の選対本部長を務め[16]、かつ推薦人に名を連ねた[17]。12月6日、立憲民主党は、執行役員12人のうち6人を女性とする新たな人事を決定。泉代表が代表選挙で訴えた「執行役員の半数を女性にする」との公約を達成した[18][19]。田名部は執行役員の役職の一つ、つながる本部本部長代理に選任された[20]。


政策・主張

安全保障関連法は廃止すべき[21]。

緊急事態条項の創設に反対[21]。

政治的公平性を欠く放送を繰り返した放送局に対し、電波停止を命じる可能性に言及した高市早苗総務相の姿は問題だ[21]。

来年4月の消費税率10%への引き上げについて、法改正し、引き上げを延期または中止すべきだ[21]。

安倍政権の経済政策アベノミクスの恩恵は、地方や中小企業に及んでいるとは思わない[21]。

環太平洋パートナーシップ協定に反対[21]。

原発は当面は必要だが、将来的には廃止すべきだ[21]。

米軍普天間基地は沖縄県以外の国内に移設すべき[21]。

核武装について、将来にわたって検討すべきでない[21]。

国会議員の定数を削減すべきだ[21]。

選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[22]。

選挙改革。0増5減の定数削減は根本的な対応となっておらず、違憲状態、と述べる[23]。

所属団体・議員連盟

農産物輸出促進議員連盟

世界銀行国会議員連盟

森林環境政策議員懇談会

観光振興議員連盟

インクルーシブ教育を推進する議員連盟

慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会

母と子支援議員連盟

ドクターヘリ推進議員連盟

適切な医療費を考える議員連盟

スポーツ議員連盟

パラリンピック推進議員連盟

少林寺拳法推進議員連盟

国立追悼施設を考える会

日本・カナダ友好議員連盟

日中友好議員連盟

日韓議員連盟

日本・イラン友好議員連盟

人物

趣味は映画鑑賞[23]。



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント
CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事

1/2
bottom of page