google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html google-site-verification: google5c370e0b8f0f7d43.html
top of page

​アーカイブ

​記事の種類

参議院議員 片山大介君の通信簿

右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿


プロフィール



(以下、ウキペディア引用)

片山 大介(かたやま だいすけ、1966年10月6日 - )は、日本の政治家、ジャーナリスト。日本維新の会所属の参議院議員(1期)。日本維新の会国会議員団国会対策副委員長。兵庫維新の会代表代行。


父は同じ参議院議員で、総務大臣や自由民主党参議院幹事長、日本維新の会共同代表等を歴任した片山虎之助[1]。



来歴

岡山県笠岡市生まれ[2]。東京都世田谷区立船橋小学校、同船橋中学校、東京都立青山高等学校、慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業[2][3]。大学卒業後、日本放送協会(NHK)に入局[2][3]。水戸放送局、福島放送局勤務を経て報道局社会部に配属され、警察や皇室の担当記者を務める傍ら、早稲田大学大学院公共経営研究科に入学し、地方自治を専攻した[2]。修士論文のテーマは「TPP時代の日本農業の活路」[2][3]。2015年11月、NHKを退職[2][3]。


2016年、第24回参議院議員選挙におおさか維新の会公認で兵庫県選挙区(定数3)から出馬[4]。兵庫県選挙区には自由民主党現職の末松信介、民進党現職の水岡俊一ら7人が出馬したが、末松、公明党の伊藤孝江に次ぐ得票数3位で初当選した[1][5]。なお、同選挙には父・虎之助もおおさか維新の会公認で比例区から出馬し[6]、5期目の当選を果たした[7]。


政策・主張

緊急事態条項の創設を含む日本国憲法の改正に賛成[8]。

日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に賛成[8]。

日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[8]。

選択的夫婦別姓制度については賛否を明らかにしていない[9]。

永住外国人の地方参政権を認めることにどちらかと言えば反対

道州制に賛成

所属団体・議員連盟

国際基準のタバコ対策を推進する議員連盟[10]



コメントお願いします。


右をクリックして参議院議員を評価 ☞ 参議院議員の通信簿

0件のコメント

Comentarios


CheHigh.jpg

​管理人

 国会議員の管理人です。

​ ツイッターでは以下のとおり、国会議員についてツイートしています。(コロナ関連も含む。)

 霞が関、官邸、国会などに出入りしていました。東京都出身。

​おすすめ記事